July 29, 2019 / 2:03 AM / 4 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏でもみあい、為替がやや円高

    [東京 29日 ロイター] - 
    
    <11:00> 日経平均はマイナス圏でもみあい、為替がやや円高 
    
    日経平均はマイナス圏でもみあい、2万1500円台後半で推移している。ドル/円がやや円高方向に
振れた場面で下げ幅を拡大したが、節目の2万1500円が近づくと下げ渋った。
    引き続き半導体関連や電子部品関連、設備投資関連の一角が軟調。市場からは「先週頑張って上昇した
反動が出ている。ファナック        などは、決算発表を先回りする形で利益確定や調整の売りが出ている
ようだ」(国内証券)との声が出ていた。
    ドル/円は朝方108.60円台で推移していたが、足元は108.40銭台まで円高が進行している
。きょうはスポット取引の応当日が月末にあたり、仲値公示にかけて実需筋のドル売り需要が買い需要を上
回ったという。
    
    
    <09:09> 寄り付きの日経平均は続落、半導体関連など弱い
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比30円60銭安の2万1627円55銭となり、続
落した。先週の米国株主要3指数が反発したことは安心材料だが、東京エレクトロン        など半導体関
連や京セラ        など電子部品関連が売られて上値を重くしている。業種別では、電気機器、ゴム製品、
鉄鋼など弱い。半面、海運、情報・通信、電気・ガスなどが買われている。
    
    
    <08:21> 寄り前の板状況、主力株はおおむね売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        が売り買い拮抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買い拮抗。メガバン
クでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ        、みず
ほフィナンシャルグループ        が売り買い拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below