August 21, 2019 / 2:13 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、東京エレクは年初来高値更新

    [東京 21日 ロイター] - 
    <11:07> 日経平均は下げ幅縮小、東京エレクは年初来高値を更新
    
    日経平均は朝方の安値水準から下げ幅を縮小し、2万0600円付近を推移している。
    東証1部全体で約8割の銘柄が値下がりする中、アドバンテスト        や東京エレクトロン        
など半導体装置銘柄がしっかりとなっている。東京エレクは年初来高値を更新。市場からは「SCREEN
ホールディングス        も今日は下がっているが、最近は上昇傾向にあり、年初来高値を更新できる位置
にいる」(国内ネット証券)との声が出ていた。「今日は日経平均もTOPIXも動きに乏しい。日銀のE
TF(上場投資信託)買いの可能性も視野にいれるべき」(同)との声も出ていた。
    
        
    <09:05> 寄り付きの日経平均は反落、欧米株安の流れ引き継ぐ
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比187円25銭安の2万0489円97銭とな
り、反落した。海外時間にイタリアの政局混乱懸念で欧州株が下落。米国株主要3指数も反落となった。そ
の流れを引き継ぐ形で日本株も売り先行で始まっている。
    東証33業種は全て値下がり。ガラス・土石製品、石油・石炭製品、繊維、銀行などが値下がり率上位
となっている。
    
    
    
    
    <08:24> 寄り前の板状況、主力輸出株は売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        が売り買い拮抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り優勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        が売り買い拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below