August 23, 2019 / 1:18 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高、為替や米株先物にらみ

    [東京 23日 ロイター] - 
    <10:15> 日経平均は小幅高、為替や米株先物にらみ
       
    日経平均は小幅高、2万0600円台半ばで推移している。為替が朝方の水準からやや円安方向に振れ
たことや、米株指数先物がプラス圏で推移していることなどが好感されている。
    市場からは「パウエル議長の講演を控えて様子見状態。マークイットが22日発表した8月の米製造業
購買担当者景気指数(PMI)速報値が2009年9月以来約10年ぶりに拡大と悪化の分かれ目となる5
0を割り込んだことで、パウエル議長がハト派的な姿勢を示すのではないかという思惑も出ている」(国内
証券)との声が出ていた。
    
    
    <09:04> 寄り付きの日経平均は反落、手掛かり材料に欠く
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比48円03銭安の2万0579円98銭となり
、反落した。その後はプラス圏に浮上している。前日の米国株主要3指数はまちまちで、ドル/円は横ばい
圏。手掛かり材料に欠く中、今晩のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を前に手控えムードと
なっている。
    業種別では、パルプ・紙、水産・農林、繊維などが高い。反面、精密機器、石油・石炭、ガラス・土石
製品などが売られている。
    
    
    <08:25> 寄り前の板状況、主力株は全体的に売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        が売り買い拮抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り買い拮抗、ファナック        は売り優勢
。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        は売り買いが拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below