November 25, 2019 / 2:02 AM / 18 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は横ばい、香港・上海はプラス圏でスタート

    [東京 25日 ロイター] - 
    <10:56> 日経平均は横ばい、香港・上海はプラス圏でスタート
    
    日経平均は横ばい、2万3300円台前半で推移している。
    
    香港で24日に実施された区議会選挙は、投票率が過去最高となり、民主派が圧勝す
る見通しとなった。現地時間25日午前8時(日本時間同午前9時)の段階で、地元メデ
ィアの推定では、民主派が少なくとも333議席を獲得し、親中派の約52議席を大きく
引き離している。            
    
    午前10時30分から取引を開始した香港・上海株式市場では、香港ハンセン指数<.
HSI>、上海総合指数       ともにプラス圏でスタート。その後上海総合指数はマイナス
に転じる場面があったものの、香港ハンセン指数は1%超高で堅調に推移している。
    
    市場からは「マイナス圏でスタートとなっていたら、日経平均は上げ幅を縮小してい
た可能性はあるが、そうでなかった。日経平均に与える影響は限定的」(国内証券)との
声が出ていた。
    一方「これで市民によるデモが落ち着く形になればプラスだが、中国政府の出方は注
視しないといけない」(別の国内証券)との指摘もあった。
    
    
    <09:14> 日経平均は続伸スタート、鉱業などが高い
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比179円97銭高の2万3292
円85銭となり、続伸して始まった。その後も上げ幅を拡大し、一時200円超高となっ
た。業種別では、東証33業種全てが上昇。鉱業、海運業、石油・石炭製品などが値上が
り率上位となっている。
    
    市場からは「鉱業、海運、石油・石炭、鉄鋼など市況関連系の業種が買われている。
足元、米中貿易交渉の動向をにらんで調整していた部分もあるので、もう一度そういうと
ころを物色する動きが出ている」(東海東京調査センターの仙石誠氏)との声が出ていた
。
    
    
    <08:32> 寄り前の板状況、輸出関連株は売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        、パナソニック        など輸出関連株が売り買い拮
抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買
い拮抗。
    三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        などメガバンクも売り買い拮抗している
。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below