for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、個人投資家の売買が活発化

    [東京 6日 ロイター] - 
    <16:19> 新興株式市場は堅調、個人投資家の売買が活発化

    新興株式市場は堅調、日経ジャスダック平均は11日続伸し年初来高値を更新、東証
マザーズ指数は反発した。市場からは「12月の新興株式市場は個人投資家の売買が活発
化する傾向がある。来週は新規上場する銘柄が多いことから、資金が集中する。新興株式
市場での堅調な流れはしばらく続くだろう」(国内証券)との声が出ていた。
    
    ジャスダック市場では、日本一ソフトウェア        、医学生物学研究所        、
リバーエレテック        などが上昇。一方、日本マクドナルドホールディングス<2702.
T>、ウチダエスコ        、応用技術        などは下落した。
    
    マザーズ市場ではジーエヌアイグループ        、アクセルマーク        、クック
ビズ        が上昇。AI CROSS        、HEROZ         、メルカリ <438
5.T>は下落した。
        
   <16:10> 日経平均・日足は「短陽線」、5日移動平均線を上回る 
    
    日経平均・日足は短い上ヒゲを伴う「短陽線」。下ヒゲがほとんどなく「トウバ」の
形状となったが、全体的に短い足であり、売り買いがきっ抗している様子を示している。
一方、5日移動平均線(2万3339円81銭=6日現在)を上回るとともに、25日移
動平均線(2万3290円43銭=同)にサポートされるなど、基調が強いとの印象を与
えている。
    
    ただ、11月26日の年初来高値2万3608円06銭近辺は、チャート上の節目と
としては強力で、このままトライするとしても簡単に抜けそうな感じはしない。高値圏で
のもみあいが続きそうだ。
    
    
    <13:59> 日経平均は一進一退、様子見ムード 週末のリスク回避も
    
    日経平均は一進一退、2万3300円台半ばで推移している。市場からは米国の新た
な対中制裁関税発動が15日に迫る中、「米中協議の行方や今夜発表の米雇用統計の内容
を見極めたい投資家が多い。特にきょうは金曜日ということもあり、週末のリスク回避で
動きづらい」(国内証券)との声が出ていた。   
     
    <11:45> 前場の日経平均は続伸、米雇用統計発表前に見送りムード
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日61円19銭高の2万3361円28銭
となり、続伸した。週末で動きが取りにくい上に手掛かり材料も乏しいものの、前日の好
地合いを引き継ぐ形でなっている。全体的には日本時間で今晩発表される米雇用統計を見
極めたいというムードが強いようだ。
    5日の米国株式市場は、米国が対中追加関税の発動を予定する12月15日が迫る中
、米中通商協議の行方について見極めようと様子見ムードが広がり、主要株価3指数はい
ずれも小幅高で終了した。
    米国株式は大きく変動せず、ドル/円相場も落ち着いて推移しており、方向性を示す
材料が見当たらない。さらに「米雇用統計の結果をみたいとのムードがあり、身動きが取
りにくい」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声も聞かれ、前日の好地合いを引
き継ぎながら、高寄りした後の日経平均は一進一退となった。
    市場では「全体的に模様眺めとなっているが、物色面をみると、きょうは経済対策へ
の期待から建設株が買われるなど、循環物色がスムーズに行われている」(SBI証券・
シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)との指摘もある。
    TOPIXは0.01%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は8470億1
400万円と細った。東証33業種は、鉄鋼、建設業が値上がりし、ゴム製品の値下がり
が目立った。個別では、日本製鉄        、JFEホールディングス        など鉄鋼株
が上昇する一方、トヨタ自動車        など主力輸出株は高安まちまちだった。
    東証1部の騰落数は、値上がりが1101銘柄に対し、値下がりが936銘柄、変わ
らずが120銘柄だった。
    
    <10:47> 日経平均は高値圏でもみあい、鉄鋼・建設業は買われる
    
    日経平均は高値圏でもみあい、2万3300円台後半で推移している。市場からは「
きょうは上がっているが、警戒感は拭えないため動きづらい。米国が対中追加関税の発動
を予定する12月15日までは、2万3000円台前半でもみあいが続くのではないか」
(あかつき証券・投資情報部部長の藤井知明氏)との声が出ていた。
        
    東証33業種では鉄鋼、建設業、証券業などが買われている。「建設業は政府の経済
対策による需要拡大の思惑で、鉄鋼はその延長線上で買われているのだろう。建設は災害
の被害などで需要は拡大するものの、鉄鋼市況は最近まで軟調だった。見直しの動きが出
ている可能性がある」(同)との指摘もあった。
            
    <09:05> 日経平均は続伸、前日の好地合い引き継ぎ幅広く物色
 
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比47円58銭高の2万3347円
67銭となり、続伸してスタート。決め手となる材料はないものの、前日の好地合いを引
き継ぎ幅広く物色されている。
    

    <08:45> 寄り前の板状況、主力輸出関連株が売り買いまちまち
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況はトヨタ自動車        、キヤノン        な
どが買い優勢となる一方、ソニー        が売り優勢となるなど、主力の輸出関連株は売
り買いまちまち。
    
    富士通        や指数寄与度の大きいファーストリテイリング        などは買い優
勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up