January 16, 2020 / 1:18 AM / 6 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、米中合意は無難通過 市場の目線は企業決算

[東京 16日 ロイター] -

<10:11> 日経平均はもみあい、米中合意は無難通過 市場の目線は企業決算

日経平均は2万3900円台前半でもみあい。米中貿易協議の「第1段階」合意文書に署名が行われたものの、日経平均の上値は重く、影響は限定的となっている。

市場からは「合意の内容は以前から報道されていたものと大きく変わらない。出尽くし感が強く、どちらに反応したらいいのかわからない状況。市場の目線はこれから本格化する企業の決算発表に向いている」(eワラント証券株式会社・投資情報室長の多田幸大氏)との声が出ていた。

<09:08> 日経平均は小反発でスタート、その後は前日終値近辺で一進一退

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比43円62銭高の2万3960円20銭となり、小反発でスタート。その後は前日終値近辺の2万3900円台前半での一進一退となっている。

東証33業種では、医薬品、石油・石炭製品、食料品などの9業種が値上がり、金属製品、海運業、鉄鋼などの24業種は値下がりとなっている。

<08:40> 寄り前の板状況、ファーストリテが買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、キヤノンは売り優勢、トヨタ自動車、ホンダ、ソニー、パナソニックは売り買い交錯。

指数寄与度の大きいファーストリテイリングは買い優勢、ファナックは売り買い交錯。

メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループは売り買い交錯となっている。

東証第1部出来高上位50銘柄

東証第1部値上がり率上位50銘柄

東証第1部値下がり率上位50銘柄

日経225先物

SGX日経225先物

TOPIX先物

日経225オプション

株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below