January 31, 2020 / 1:14 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上昇幅を拡大、WHO緊急事態宣言も注目点に

    [東京 31日 ロイター] -    
    <10:05> 日経平均は上昇幅を拡大、WHO緊急事態宣言も注目点に 
    
    日経平均は上昇幅を拡大。前日比で400円を超す上げとなり、2万3400円台ま
で戻した。WHOが新型肺炎について国際的緊急事態と宣言したことで米国株が切り返し
て流れが変わり、東京市場もそれを引き継いだ格好。市場では「WHOの宣言で早期収束
の期待が高まった」(野村証券・エクイティ・マーケット・ストラテジストの澤田麻希氏
)との声が聞かれる。
    
    また、経済産業省が31日発表した12月鉱工業生産指数速報は前月比1.3%上昇
で、ロイターの事前予測調査の0.7%上昇を上回るとともに、生産予測指数は1月が前
月比3.5%上昇、2月が同4.1%上昇となった。「新型肺炎の影響が加味されていな
いながらも、V字回復が見込める内容だったことが注目できる」(澤田氏)という。
    
    
    <09:10> 日経平均は反発、東エレクは買われる
    
     寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比171円17銭高の2万314
8円92銭となり、反発した。
    
    東証33業種では、その他製品、鉱業以外の31業種が値上がり。証券業、精密機器
、不動産業が値上がり率上位となっている。30日に決算を発表した東京エレクトロン<8
035.T>は2%超高となり、日経平均を18円ほど押し上げている。
    
    
    <08:40> 寄り前の板状況、パナソニックが買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        が売り買い交錯、パナソニック        が買い優勢と
なっている。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買
い交錯。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        が売り買い交錯となっ
ている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below