for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、2万3600円台後半 香港・上海はプラス圏

    [東京 14日 ロイター] - 
    <10:57> 日経平均は下げ渋り、2万3600円台後半 香港・上海はプラス圏
    
    日経平均は下げ渋り、2万3600円台後半での小動きとなっている。香港ハンセン
指数や上海総合指数はプラス圏で推移。市場からは「13日の米国株安は、12日時点で
の新型肺炎の感染者と死者の増加を材料視したもの。日本株やアジア株はすでにきのう織
り込んだため、きょうの反応は限定的。ただ、日本国内でも死者が出るなど、警戒感が強
まっているため先物が売られている」(東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏)との声
が出ていた。
    
        
    <09:05> 日経平均は続落、オプション算出に絡んだ注文は売り優勢
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日113円21銭安の2万3714円
52銭となり、続落してスタート。引き続き新型コロナウイルスによる肺炎の影響拡大が
懸念されている。2月限日経平均オプションのSQ(特別清算指数)の算出に絡んだ注文
は売り優勢となったようだ。
    
    
    <08:45> 寄り前の板状況、日経平均採用銘柄に売り優勢目立つ
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、指数寄与度の大きいファーストリテイリン
グ        、ファナック        をはじめ日経平均採用銘柄に売り優勢が目立つ。ただ、
きょうはオプションSQ(特別清算指数)が算出されるため、寄り付き直前に状況が変化
する可能性がある。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up