March 12, 2020 / 1:36 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は800円超安、一段の円高進行 米株先物も下げ拡大

    [東京 12日 ロイター] - 
    <10:31> 日経平均は800円超安、一段の円高進行 米株先物も下げ拡大
    
    日経平均は一時800円超安。10日に付けた昨年来安値を下回り、2017年4月21日以来の安値
を付けている。
    トランプ米大統領が、欧州からの米国への入国を向こう30日間全面的に停止すると発表したことなど
で、外為市場でドル/円が103円台に円高が進行。米株先物も下げ幅を拡大しており、日本株の下押し圧
力となっている。
    
    
    <10:05> 日経平均は大幅安で推移、円高と米株先物安を嫌気し売り直される
    
    日経平均は大幅安で推移。外為市場でドル/円が円高方向に振れ気味なことが嫌気され、売り直された
。市場では「(日本株は)いったん下げ渋ったものの、その後の反発力が弱い。時間外取引で米株先物がマ
イナスに転じたことも売りを誘う要因になっている」(国内証券)との声も聞かれる。
    
    
    <09:05> 日経平均は大幅続落、再び1万9000円を割り込む
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比351円55銭安の1万9064円51銭となり、
大幅続落でスタート。その後も下げ、再び1万9000円を割り込んでいる。前日の米国株式市場が大きく
下落したことを受け、売り優勢で始まった。
    

    <08:50> 寄り前の板状況、業種問わず広範囲に売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        など輸出関連株、指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9
983.T>、ファナック        のほか、三菱UFJフィナンシャル・グループ        といった銀行株など、
業種を問わず広範囲に売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below