March 24, 2020 / 1:13 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はしっかり、1万7600円台 米株先物は上昇

    [東京 24日 ロイター] - 
    <10:05> 日経平均はしっかり、1万7600円台 米株先物は上昇
    
    日経平均はしっかり、1万7600円台後半を推移している。時間外取引で米株先物
が上昇していることが支援材料となっている。日銀のETF買いへの期待に加え、個人投
資家による配当権利取りに絡んだ買いもあるといい、堅調な地合いとなっている。
    
    複数の報道によると、新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策について、米政
権側と米議会は合意に近づいているという。加えて、FRBは23日に緊急FOMCを開
催し、新型コロナへの対応として無制限の量的緩和(QE)を行う方針を決定した。23
日の米国株式市場は下落したものの「反応が薄かったわけではない。QEがなかったらダ
ウは再び1000ドル超の大幅安となっていただろう」(みずほ証券・シニアテクニカル
アナリストの三浦豊氏)という。
    
    
    <09:15> 日経平均は上げ幅を拡大、800円超高 全面的に買われる
    
    日経平均は上げ幅を拡大。前営業日比800円超高の1万7700円台前半で推移し
ている。東証33業種ではパルプ・紙以外の32業種が値上がり。石油・石炭製品、証券
業、鉱業、不動産業などが値上がり率上位となっている。
    
    
    <09:03> 寄り付きの日経平均は続伸、300円超高 日銀のETF買い期待が
支え
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比319円10銭高の1万72
06円88銭となり、続伸した。
    
    このところ日本株は年金や日銀のETF(上場投資信託)買いに対する期待が下支え
となっている。世界中で景気懸念が強まり株安となる中、日本株はきょうも2016億円
規模の日銀のETF買いが継続するとの期待があり、買い優勢となっている。
        
    
    <08:40> 寄り前の板状況、ほぼ全面的に買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        、パナソニック        が買い優勢。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は買い優
勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        が売り買い交錯、三
井住友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        が買い
優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below