May 22, 2020 / 1:32 AM / 2 months ago

〔マーケットアイ〕株式:もみあい、日銀臨時政策決定会合の結果はインパクト与えず

    [東京 22日 ロイター] - 
    <10:20> もみあい、日銀臨時政策決定会合の結果はインパクト与えず
    
    日経平均はもみあい。前日比小幅安の水準で推移している。立ち会い中に、日銀臨時
政策決定会合で金融政策を現状維持を決定とのアナウンスがあったほか、中国が2020
年の国内総生産(GDP)目標の設定に中国首相が言及しなかったことが伝えられたが、
いずれも株価に大きなインパクトを与えていない。

    市場では「日銀臨時政策決定会合は、現状維持とのことで反応薄。商いが細り気味と
なる中で個別物色に終始している」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <09:05> 日経平均は小反発、米株先物の堅調な動きに連れ高で始まる
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比31円64銭高の2万0583円
95銭となり、小反発してスタート。前日の米国株式市場は安かったものの、時間外取引
で米株先物が堅調な動きに連れ高した。その後は上値を追わず、もみあいとなっている。
   
    
    <08:50> 寄り前の板状況、主力の輸出関連株が売り買いまちまち
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        が
買い優勢となる一方、キヤノン        、ソニー        は売り買いきっ抗となるなど、
主力輸出関連株が売り買いまちまち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9983.
T>、ファナック        は売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below