June 2, 2020 / 4:36 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏、出遅れ株や指数寄与度の高い銘柄に物色

    [東京 2日 ロイター] - 
    <13:31> 日経平均は高値圏、出遅れ株や指数寄与度の高い銘柄に物色 
    
    日経平均は高値圏、2万2300円台前半で推移している。鉄鋼、銀行、輸送用機器などの出遅れ銘柄
や、ソフトバンクグループ        など日経平均への寄与度の高い銘柄が堅調となっている。
    市場からは「きょうはTOPIXの上昇率が日経平均の上昇率を上回っているのが特徴。回転が効いて
いる証拠で、物色の矛先を入れ替えながら上がっている」(アナリスト)との声が出ていた。
    
    
    <11:45> 前場の日経平均は続伸、警戒感強く徐々に伸び悩む
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比185円66銭高の2万2248円05銭となり、続伸
。前日の米国株式市場が不安材料を抱えながらも上昇したことが好感され、朝方から買い優勢となった。た
だ、直近の1週間あまりで1700円を超す上げとなるなど、急ピッチな上昇に対し警戒感が強く、徐々に
伸び悩む動きとなっている。
    
    1日の米国株式市場は、米国内で広がる抗議デモや新型コロナウイルス流行、米中の緊張の高まりを巡
る懸念がくすぶるものの、米景気回復の兆候が材料視され上昇。フェイスブック      、アップル        
、アマゾン・ドット・コム        が1─3%高となり、S&P総合500種      とナスダック総合<.IX
IC>の上昇を主導し、ダウ工業株30種      ではボーイングが上昇率トップだった。
    
    トランプ大統領は1日、全米で激化している黒人男性暴行死を巡る抗議デモにする各州知事の対応を批
判し、より強硬な姿勢で臨むべきとの考えを示したことが、不安視されたものの、強い地合いが打ち消す格
好となっている。

    日本株も上値追いを鮮明にした。経済活動再開に対する期待が引き続き手掛かりになっているが、「移
動平均線で終値が25日線(2万0376円74銭=1日現在)を8.2%上回っており、いつ調整が入っ
ても不思議ではない」(国内証券)と過熱感を警戒する声が聞かれる。そうした中で、海外勢の買い戻しを
中心に終始堅調な地合いをキープした。
    
    TOPIXは0.95%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆1171億5300万円だ
った。東証33業種では、鉱業、不動産業、証券業などの上昇が目立つ一方、値下がりは医薬品など4業種
にとどまった。
    
    個別では、ソニー        など輸出関連株が総じてしっかりとなったほか、三井不動産        、JR
東日本        など内需関連株が物色され、日本製鉄        、オークマ        など景気敏感株に高い銘
柄が目立つ。半面、任天堂        はさえない。
    
    東証1部の騰落数は、値上がりが1570銘柄に対し、値下がりが508銘柄、変わらずが90銘柄だ
った。
 
    
    <11:05> 強もちあい、過熱感から上値追いに慎重な動き
    
    日経平均は強もちあい。きょうの高値圏で推移しているが、過熱感から上値追いに慎重な動きとなって
いる。
    
    市場では「移動平均線で終値が25日線(2万0376円74銭=1日現在)を8.2%上回っており
、いつ調整が入っても不思議ではない。ただ、好需給が続いているため堅調な地合いを維持している」(国
内証券)との声が聞かれた。
    
    <10:05> 日経平均は2万2200円台半ば、海外勢中心に買い戻し 過熱感強まる
    
    日経平均は前営業日比200円ほど高い2万2200円台半ばを推移している。東証1部の騰落レシオ
(25日平均)は148.87%となっており、株式相場の過熱感は強まっている。
    
    市場からは「海外勢を中心に買い戻しの動きが活発化している。過熱感は依然として高いが、ヘッジフ
ァンドなど買い戻しをしないといけない市場参加者が動いているようだ」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は続伸、米国株高を好感 鉱業や銀行業などに買い
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比113円13銭高の2万2175円52銭となり、
続伸した。その後も2万2100円後半での推移となっている。オーバーナイトの米国株市場で主要3指数
がそろって上昇した流れを引き継いだ。東証33業種では鉱業、銀行業、輸送用機器、機械などの28業種
が値上がり。電気・ガス業、海運業などの5業種は値下がりとなっている。
    
    
    <08:45> 寄り前の板状況、ファーストリテは買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、ホンダ        、キヤノン        は買い優勢、トヨタ自動
車        、ソニー        、パナソニック        は売り買い拮抗。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は買い優勢、ファナック        は売り買い拮抗
。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシャルグループ<841
1.T>が売り買い拮抗、三井住友フィナンシャルグループ        が買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below