for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:安値もみあい、新たな材料を欠き見送りムード

    [東京 17日 ロイター] - 
    <11:05> 安値もみあい、新たな材料を欠き見送りムード
    
    日経平均は安値もみあい。時間外取引で米株先物が軟調に推移しているのをにらむ格好だが、新たな材
料に欠くため見送りムードが支配しているという。
    
    市場では「週末に米国株式市場では株式先物取引、株価指数オプション取引、個別株オプション取引の
3つの取引期限満了日が重なるトリプルウィッチングを控えるため、米株の動きを材料にしている向きは様
子見となる」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <09:41> 日経平均は軟調、一時200円超安 米株先物の軟化にらみ 
    
    日経平均は下げ幅を一時200円超に拡大し、2万2300円台前半まで下落した。前日上げ過ぎた反
動と、時間外取引の米国株先物が軟化したことをにらんだ動きだという。市場からは「このところ短期資金
で値動きが荒くなっている。3月急落から急速に戻してきたことで高値警戒感もある。この先、不安定にな
ることもポツポツあるだろう」(国内証券)との見方が出ていた。
    
    
    <09:03> 寄り付きの日経平均は反落、前日大幅高の反動 利益確定売り
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比65円07銭安の2万2517円14銭となり、反
落した。その後も下げ幅を100円超に拡大している。前日の取引で1000円超上昇したこともあり、利
益確定売りが先行しているもよう。
    業種別では、鉄鋼、ゴム製品、海運など安い。
    
    
    <08:31> 寄り前の板状況、ファーストリテは売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        が売り優勢。ホンダ        、パナソ
ニック        は買い優勢、キヤノン        、ソニー        は売り買い拮抗となっている。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り優勢。ファナック        は売り買い拮抗
。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシャルグループ<841
1.T>は売り優勢。三井住友フィナンシャルグループ        は売り買い拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up