for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は連日の年初来高値更新、IPO銘柄が人気化

[東京 24日 ロイター] -

<15:32> マザーズ指数は連日の年初来高値更新、IPO銘柄が人気化

新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に7日続伸、東証マザーズ指数は反発した。マザーズ指数は一時1065.68ポイントまで上昇し、連日の年初来高値更新となった。

きょうはマザーズ市場で約2カ月ぶりに新規上場があり、IPO3銘柄に人気が集まった。大幅な買い超過で始まると、買い気配を切り上げる展開となった。ロコガイドは公開価格の2.3倍となる4605円で初値を形成。ストップ高比例配分となった。フィーチャ、コパ・コーポレーションはともに初日値付かず、買い気配で終了した。

東海東京調査センターのシニアエクイティマーケットアナリスト、仙石誠氏は「人気化して初値が高くなる分、その後の値下がりリスクが高くなった可能性がある」と指摘。その上で、仮にIPO銘柄が崩れた場合は新興株市場に対する投資家心理が悪化するおそれがあるため注意が必要としている。

このほか、マザーズ市場では、フリー、BASE、弁護士ドットコムなど堅調。アンジェスは軟調。関心がIPOに集まり、これまでの人気株で売り優勢となる銘柄が目立った。

<14:30> 日経平均は一進一退、手掛かり乏しく方向感出ず

日経平均は2万2500円台を一進一退、プラス圏とマイナス圏を行き交う方向感に欠ける値動きとなっている。TOPIXはマイナス圏。東証33業種では海運業、空運業、電気・ガス業などの30業種が値下がり、輸送用機器、ゴム製品、精密機器の3業種は値上がりとなっている。午後2時半時点での東証1部の売買代金は1兆5124億9000万円と低水準。市場では「手掛かり材料に乏しく、上がれるような雰囲気ではない。薄商いで、手控えムードが強まっている」(国内証券)との声が出ていた。

個別では、電通グループ、ソフトバンクグループなどが後場軟調に推移している。

<13:03> 日経平均は小幅安、短期筋の利益確定売りか

日経平均は小幅安。2万2500円台前半で推移している。市場からは「上値が重いとみた短期筋が利益確定売りを出しているのではないか」(国内証券)との声が出ていた。

小池百合子都知事が24日、新型コロナウイルスの都内の感染状況について、職場内でのクラスターに警戒を示すとともに、きょうは合計でかなりの数字が出そうだ、との見方を示したことが嫌気された可能性もあるという。

<11:43> 前場の日経平均は小幅続伸、アパレル関連が堅調

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比27円58銭高の2万2576円63銭となり、小幅に続伸した。小反落で寄り付いた後、プラス転換してじりじり上げ幅を拡大したが、積極的な買い材料に乏しく、前引けにかけて伸び悩んだ。個別ではファーストリテイリングが買われ、指数の下支えとなった。

日経平均への寄与度の高いファーストリテは0.93%高で前場の取引を終了。1銘柄で指数を約21円押し上げる要因となった。西松屋チェーンやしまむらが直近発表した6月の既存店売上高が堅調だった流れを受け、「ファストファッション銘柄への買いが目立った」(証券ジャパンの調査情報部長、大谷正之氏)という。ハニーズホールディングス、アダストリア、ユナイテッドアローズなども上昇した。

TOPIXは0.29%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9649億円。東証1部の騰落数は、値上がりが704銘柄に対し、値下がりが1351銘柄と、値下がりの方が多く、全体的に上値の重さが意識された。東証33業種では海運、石油・石炭製品、電気・ガス、鉱業、建設などが値下がり率上位に入った。

このほか個別では、石川製作所、豊和工業など防衛関連株の一角が軟調だった。北朝鮮が韓国に対する軍事行動計画の延期を決定した、と朝鮮中央通信社(KCNA)が伝え、地政学リスクがいったん後退したことが材料視された。

<10:46> 日経平均は小幅高、ファーストリテが下支えに

日経平均は小幅高、2万2500円台後半で推移している。指数寄与度の高いファーストリテイリングがしっかりした動きとなり相場の下支えとなっているが、全体的には利益確定売りなどで上値が重くなってきた。

<09:55> 日経平均は強もちあい、方向感欠く展開で商いは細り気味

日経平均は強もちあい。2万2600円台で推移している。好地合いを引き継いでいるものの、方向感を欠く展開となっており、商いも細り気味。個別では値下がり銘柄の方が多い。

市場では「商いが薄くなると、前日のように少しのきっかけで値が上下に大きく振れるようになる。その点を意識した方が良さそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。

<09:05> 日経平均は小反落、売り一巡後にプラスへ IPOは気配上げる

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比8円04銭安の2万2541円01銭となり、小反落で始まる。ただ、売り一巡後はすかさず買いが入り、すぐにプラス圏に浮上。一方、きょうマザーズ市場に上場したIPO3銘柄はいずれも買い気配を切り上げる展開となっている。

<08:35> 寄り前の板状況、IPOの3銘柄は大幅な買い超過に

市場関係者によると、寄り前の板状況は、きょうマザーズ市場に上場するフィーチャ、ロコガイド、コパ・コーポレーションの3銘柄は、いずれも大幅な買い超過となっている。

一方、トヨタ自動車、キヤノン、ソニーなどの主力の輸出関連株や、指数寄与度の大きいファーストリテイリングは売り買いが交錯。東京エレクトロンは売り優勢となっている。

東証第1部出来高上位50銘柄

東証第1部値上がり率上位50銘柄

東証第1部値下がり率上位50銘柄

日経225先物

SGX日経225先物

TOPIX先物

日経225オプション

株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up