June 25, 2020 / 2:09 AM / 7 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏、300円超安 25日移動平均線の攻防

    [東京 25日 ロイター] - 
    <11:01> 日経平均は安値圏、300円超安 25日移動平均線の攻防
    
    日経平均は安値圏。下げ幅を300円超に拡大し、2万2200円台前半で推移している。「前日の米
国株が大きく下落した割に下げ方はマイルド。新型コロナウイルスの感染第2波が海外に比べて抑えられて
いることや、日銀のETF(上場投資信託)買いが入るとの思惑もあり、売り込みにくい」(国内証券)と
の声が出ていた。
    テクニカル的には25日移動平均線(2万2220円近辺)の攻防となっている。
    
  
    <09:50> 日経平均は安値もみあい、12月期決算銘柄の配当取りが下支え
    
    日経平均は安値もみあい。朝方は大幅安で始まった後は、一進一退の動きとなっている。新型コロナウ
イルスの感染拡大による経済自粛懸念が高まってきたものの「12月期決算銘柄は、明日が配当金や株主優
待の権利取り最終となるため、これらを意識した買いが株価を下支えしている要因になっているようだ」(
野村証券・エクイティ・マーケットストラテジストの澤田麻希氏)という。
    
    
    <09:05> 日経平均は大幅続落、米株安受け売り優勢となった後は下げ渋る

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比246円45銭安の2万2287円87銭となり、
大幅続落で始まった。前日の米国株式市場が安かったことを受け、全体的に売り優勢。ただ、売り一巡後は
下げ渋っている。
    

    <08:55> 寄り前の板状況、前日IPOのフィーチャ        が大幅買い越し
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、前日のIPOで買い気配で終了したフィーチャ        が大
幅買い越し、反対に、コパ・コーポレーション        は売り優勢となっている。
    
    一方、NEC        は買い優勢だが、トヨタ自動車        、ソニー        などの主力の輸出関連
株や、指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below