June 30, 2020 / 7:10 AM / 13 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線と25日線を下回り不安感も

    [東京 30日 ロイター] - 
    <15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線と25日線を下回り不安感も
    
    日経平均・日足は上ヒゲを伴う「小陰線」。前日に下回った25日移動平均線(2万2397円04銭
=30日現在)を捉えながら、終値で上回ることができなかったほか、5日移動平均線(2万2317円8
7銭=同)もサポートし切れず、先行きに対して不安を感じさせる形となっている。
    
    きょうの足は、大引けがほぼ「坊主」となった「トンカチ」のパターンで、これは相場の転換を暗示す
る。振幅幅は大きくないため気迷いを示すとも言え、上下いずれか大きく振れた方向にトレンドが傾く可能
性が生じている。
    
    
    <15:15> 新興株市場は高安まちまち、引き続きIPO銘柄に人気が集中 
    
    新興株市場は高安まちまち。日経ジャスダック平均は4日ぶりに反発したが、東証マザーズ指数はとも
に3日続落した。引き続きIPO銘柄に人気が集中。新規銘柄だけではなく、直近上場銘柄の中にも買いを
集める銘柄が目立った。
    
    きょうマザーズに新規上場したグッドパッチ        は、公募価格690円から大幅に気配を切り上げ
1587円買い気配で終了。一方、上場2日目となるジャスダック市場のエブレン        は、公募価格1
350円い対して3.7倍の5000円で初値を付け、そのまま上値を追った後、下押して引けた。
    
    マザーズでは、直近IPOのフィーチャ        は買われたが、コマースOneホールディングス<449
6.T>は上伸して始まった後、マイナスに沈んだ。そのほかでは、ビープラッツ        、ピースリー <6696
.T>がストップ高となったが、アンジェス        はさえない。
    
    ジャスダックでは、小僧寿し        、テイツー        など低位株が人気化した。ヤマザキ        
がストップ高となったが、ソフィアホールディングス        が大幅安となった。
    
    <14:25> 日経平均は高値圏でもみあい、上値に対して慎重な様子
    
    日経平均は高値もみあい。強い基調を持続しているものの、前場の高値2万2448円30銭を捉え切
れない。市場では「米国で重要経済指標を控えているため、上値を取り切れない状況だ。テクニカル的に攻
防の分岐点にあると意識されており、動きが出た方向に指数は加速する可能性もある」(国内証券)との声
が聞かれる。
    
    
    <13:16> 日経平均は一進一退、方向感に欠ける展開 様子見ムード
    
    日経平均は2万2300円台後半での一進一退となり、方向感に欠ける展開となっている。午後1時1
5分時点での東証1部の売買代金は1兆1697億7300万円とやや薄商い。時間外取引での米株先物は
小幅高にとどまっている。市場では「前日の米国株は大幅反発したが、今夜もその強さが継続するかは確証
が持てない。加えて、中国が国家安全維持法案を可決したとの報道もあるので、それに対する米国の反応も
警戒されている。きょうは様子見ムードとなっている」(国内証券)との声が出ていた。
    
    中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)常務委員会は30日、「香港国家安全維持法案」を
可決した。1997年に英国から中国に返還されて以降、高度な自治が保障されてきた香港にとって歴史的
な転換点になりそうだ。香港のケーブルテレビが関係筋の話として伝えたところによると、全人代常務委員
会は全会一致で同法案を可決した。            
    
    
    <11:50> 前場の日経平均は反発、米国株高と円安を好感
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比386円18銭高の2万2381円22銭となり、反発
した。オーバーナイトの米国株式市場が反発したことや、為替が円安に振れたことを受け、幅広い銘柄で買
いが先行した。前場の東証1部の売買代金は1兆円を割り込み、低水準だった。
    
    29日の米国株市場は、ダウが2.32%高。航空機大手ボーイング      が737MAXの試験飛行
を材料に買われたことが指数を押し上げた。ナスダック総合は1.20%高、S&P総合500種が1.4
7%高でそれぞれ取引を終えた。
    
    日経平均は寄り付きで前営業日比340円06銭高の2万2335円10銭となり、反発スタート。そ
の後もじりじりと上げ幅を拡大し、453円26銭高の2万2448円30銭の高値を付けた。その後は利
益確定売りに押され、2万2300円台半ばから後半でのもみあいが継続した。
    
    市場では「これといった新しい材料もなく、米株を手掛かりにした動きとなっている。ここ最近の日経
平均は、チャート的に陰線と陽線が交互に出てくるような、もみあい相場となっているが、方向性は下。後
場も上値の重い展開となるのではないか」(SMBC信託銀行のシニアマーケットアナリスト、山口真弘氏
)との声が出ていた。
    TOPIXは1.21%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9039億5900万円とやや
薄商いだった。東証33業種では32業種が値上がり、海運業、鉄鋼、非鉄金属、保険業、空運業などが値
上がり率トップとなった。医薬品は売られた。
    個別では、トヨタ自動車        、ホンダ        、日産自動車        など自動車株がしっかり。外
為市場でドル/円が107円台半ばまで円安に振れたことを好感した買いが入った。市場では「生産活動が
再開されても、為替が円高傾向にある間は手が出しにくい。IT系の輸出関連株と異なり、自動車株は為替
で今後も株価が振られると考えられる」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    東証1部の騰落数は、値上がりが1422銘柄に対し、値下がりが669銘柄、変わらずは77銘柄だ
った。
    <11:16> 日経平均は一進一退、新型コロナ再拡大懸念で上値は重い
    
    日経平均は一進一退、2万2300円台後半での推移となっている。前営業日比453円26銭高の2
万2448円30銭の高値を付けた後は、利益確定売りが強まり上げ幅を縮小した。市場では「新型コロナ
の感染再拡大の懸念はなくなったわけではなく、むしろ日々強まっている。オーバーナイトの米国株式市場
が反発したことを好感し上昇しているが、上値は重い」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <10:24> 日経平均は高値圏、為替にらみ 中国PMI改善は織り込み済み
    
    日経平均は2万2400円付近と、きょうの高値圏で推移している。寄り付き後は小動きが続いていた
が、ドル/円が小幅に円安方向に振れ、連れ高となっている。
    中国の国家統計局が発表した6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.9。ロイターがまと
めた市場予想の50.4を上回ったが、市場の反応は今のところ限定的となっている。「予想を上回ったの
は安心材料だが、この程度の改善は織り込み済み。サプライズはなかった」(ストラテジスト)との声が出
ていた。
    今週は米国でISM製造業景気指数や雇用統計など重要指標の発表を控えており、動きづらいとの指摘
もある。
    
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は反発、米国株高や円安を好感
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比340円06銭高の2万2335円10銭とな
り、反発した。前日の米国株市場で主要3指数が反発したことや、ドル/円が円安方向に振れたことを好感
している。その後、上げ幅を一時400円超に拡大した。
    寄り付き前に経済産業省が発表した5月鉱工業生産指数速報は前月比8.4%低下で、ロイターがまと
めた市場予想の同5.6%低下を下回った。市場からは「弱い。先々は回復しそうだが水準も低そう」(エ
コノミスト)との声が出ていた。
    
    
    
    <08:32> 寄り前の板状況、主力の輸出関連株は買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        が買い優勢。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り買い拮抗、ファナック        は買い優勢
。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        は買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below