July 9, 2020 / 2:14 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏で一進一退、ソフトバンクGは5%超高

    [東京 9日 ロイター] - 
    <11:00> 日経平均はプラス圏で一進一退、ソフトバンクGは5%超高
    
    日経平均は前営業日比30円ほど高い水準での一進一退となっている。TOPIXは
現在マイナス圏での推移。市場では「値上がりに対して値下がり銘柄が多いが、指数寄与
度の高い銘柄が買われており、日経平均はプラス圏を維持している」(国内証券)との声
が出ていた。
    
    ソフトバンクグループ        は5%超高での推移となっており、日経平均を約66
円押し上げている。
    
    
    <09:50> 強もちあい、米株市場の流れでIT関連に物色の矛先
    
    日経平均は強もちあい。2万2500円前後で推移している。とりわけ新たな材料は
見当たらない中、「米国でGAFAを中心としたハイテク株が物色されている流れを引き
継ぎ、日本株もIT関連に物色の矛先が向けられている」(国内証券)という。
    
    午前9時50分現在、東証33業種の値上がり率ランキングで、情報・通信業がトッ
プとなっている。
    
    
    <09:05> 日経平均は小反発で始まる、米株高好感も主力銘柄は売り先行

 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比3円65銭高の2万2442円30
銭となり、小反発で始まった。全体的に米国株式市場の上昇が好感される格好となったも
のの、トヨタ自動車        など主力どころの銘柄は売りが先行している。
    

    <08:50> 寄り前の板状況、ソフトバンクGやファーストリテが買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        な
ど主力優良株に売り優勢の銘柄が目立つものの、ソフトバンクグループ        や、指数
寄与度の大きいファーストリテイリング        が買い優勢。東京エレクトロン        
やNEC        、任天堂        なども買い優勢となっている。

    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below