for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、決算を中心に個別物色

    [東京 14日 ロイター] - 
    <16:00> 新興株はしっかり、決算を中心に個別物色
    
    新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は続伸
した。市場では「主力銘柄が堅調となったほか、個別では決算を手掛かりとした物色もみ
られた。巣ごもり、医療関連も買われ、総じてしっかりとした動きとなった」(国内証券
)との声が出ていた。
    
    ジャスダック指数は0.14%高。アクサスホールディングス        、出前館<248
4.T>、ワークマン        、夢みつけ隊        はしっかり。小僧寿し        、Key
Holder        、ブロードバンドセキュリティ        は下落した。
    
    マザーズ指数は1.72%高。AI inside        、ティアンドエス<4055.
T>、メドピア        、JMDC        はしっかり。ロコガイド        、Sun A
sterisk        、PKSHA Technology        は下落した。
    
    
    <15:20> 日経平均・日足は「小陰線」、急な上げに対する警戒感生じる
    
    日経平均・日足は寄り付きが「坊主」に近い下ヒゲを伴う「小陰線」。前日までの明
確な上げ足とは一変して、気迷いの強い動きとなり、時価水準より上値は重いとの印象を
与えている。直近の3日間で900円幅の上昇を演じていただけに、急な上げに対する警
戒感が生じた格好だ。
    
    売りサインとなる「カブセ線」こそ引かなかったものの、2万3000円台前半は過
去に押し戻された経緯があるため、いったん伸びが止まる可能性もある。ただ、前日に大
きな節目である6月8日の戻り高値2万3178円10銭を更新した意味は大きく、ひと
息入れた後に上値を追う展開となることが期待できそうだ。
    
    
    <13:30> 日経平均は小動き、後場の値幅は上下約54円 手掛かり材料難 
    
    日経平均は小動き。前営業日比30円ほど高い2万3200円台後半での推移となっ
ており、後場の値幅は上下約54円にとどまっている。東証1部の売買代金は1兆320
5億3500万円。市場では「週末であることに加え、きょうは手掛かりとなる材料もな
く、積極的に買い上がれない」(国内証券)との声が出ていた。
    
    東証33業種ではサービス業、精密機器、医薬品などの17業種は値上がり。不動産
業、鉱業、輸送用機器などの16業種は値下がりとなっている。
    
    
    <11:50> 前場の日経平均は小幅続伸、週末意識されながらも底堅く推移 
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比25円66銭高の2万3275円27
銭となり、小幅続伸。週末が意識され模様眺めムードが支配しながらも、全体的に底堅く
推移した。
    
    13日の米国株式市場は、S&P総合500種      が取引時間中に終値としての過
去最高値を上回ったものの、小幅安で終了した。ダウ工業株30種      も、ネットワー
ク機器大手シスコシステムズ        が前日に示した業績見通しが嫌気され、下落して終
了した。一方、ナスダック総合       は上昇した。
    
    一方、外為市場ではドル/円が107円台まで円安に振れたことが注目されたが、材
料視されていない。市場では「前日までの急な上昇で利益確定売りが出やすくなっている
ほか、週末で持ち高調整の動きもある」(野村証券・エクイティマーケットストラテジス
トの澤田麻希氏)との声が聞かれ、好調な地合いを引き継ぎながらも、徐々に伸び悩む動
きとなった。
 
    TOPIXは0.16%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0681
億3800万円。東証33業種では、サービス業、空運業、石油・石炭製品の上昇が目立
ち、鉱業、不動産業、輸送機器などが下落した。

    個別では、ソニー        が年初来高値を更新したほか、電通グループ        が好
決算を受けて堅調。富士フイルムホールディングス        も高い。半面、トヨタ自動車
         、ソフトバンクグループ        は軟調に推移した。

    東証1部の騰落数は、値上がりが1021銘柄、値下がりが1032銘柄、変わらず
が120銘柄だった。

    
    <10:55> 日経平均はもみあい、週末意識され模様眺めムードに
    
    日経平均はもみあい。前日比小幅高の水準で一進一退となっている。外為市場ではド
ル/円が107円近辺で推移するなど円安に振れ気味ながら、材料視されていない。市場
では「個別ににぎわう銘柄が散見されるものの、全体的には週末が意識されて模様眺めム
ードが強くなっている」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <10:00> 日経平均は一時マイナスに、急な上昇への警戒感から利益確定売り
    
    日経平均は前日比でマイナス圏まで値を消す展開。電子部品株などハイテク株の一角
に堅調な銘柄が目立つものの、「きのうまでの急な上昇に対する警戒感や、週末の持ち高
調整の動きも出ているようだ」(国内証券)との声が聞かれ、上値が重くなっている。
    
                
    <09:05> 日経平均は続伸、前日までの好地合いを引き継ぐ

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比74円31銭高の2万3323円
92銭となり、続伸してスタート。前日までの好地合いを引き継いだほか、オプションS
Q(特別清算指数)算出に絡む注文が買い超過になったと推定され、全体的に上値を追っ
て始まった。SQ算出後は一進一退となっている。
    

    <08:45> 寄り前の板状況、225採用銘柄の成り行き注文は売り超過
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        など主力の輸出関連株が売り買い拮抗。指数寄与度の
大きいファーストリテイリング        が売り優勢となっている。
    
    きょうは、オプションSQ(特別清算指数)を算出するため、寄り付き直前に状況が
一変する可能性がある。午前8時45分現在、225採用銘柄の成り行き注文は、総じて
売り超過となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up