for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、ニューラルポケットの初値形成持ち越しへ

    [東京 21日 ロイター] - 
    <15:15> 新興株式市場はしっかり、ニューラルポケットの初値形成持ち越しへ
    
    新興株式市場は、しっかり。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに反発した。「値動きの良
い銘柄に短期回転狙いに資金が向かっている」(国内証券)という。上場2日目となったマザーズ市場のニ
ューラルポケット        はこの日も値が付かず、初値形成は週明けに持ち越しとなった。
    
    マザーズ指数は2.38%高で終了。BASE        、マクアケ        が上値を追い、いずれも初
の1万円乗せとなったほか、コマースOneホールディングス        がストップ高に買われ、ティアンド
エス        、メルカリ        などが商いを伴って上昇した。半面、Aiming        が安い。
    
    日経ジャスダックは0.58%高。不二硝子        がストップ高となり、出前館        もしっかり
だが、ワークマン        はさえなかった。
    
    
    <14:10> 日経平均は強もちあい、週末で模様眺めムード強まる
    
    日経平均は強もちあい。2万3000円を下回る水準で推移している。市場では「週末ということもあ
って、一段と模様眺めムードが強くなった。小型株が散発的に物色される程度で、目立った動きはみられな
い」(国内証券)との声が聞かれた。午後2時10分現在、東証1部の売買代金は1兆1000億円台と閑
散となっている。
    
    
    <11:50> 前場の日経平均は反発、ワクチン期待で上昇後利益確定売り
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比73円04銭高の2万2953円66銭となり、反発し
た。オーバーナイトの米国株主要3指数上昇に加え、米ファイザーとドイツのバイオンテックの新型コロナ
ワクチンの開発が順調との報道が好感され、日経平均は一時200円超高となった。ただ、その後は週末前
ということやドル/円が105.60円台と円高基調となっていることが嫌気され、徐々に上げ幅を縮小し
た。
    
    米国株市場は、ダウが0.17%高、ナスダック総合が1.06%高、S&P総合500種が0.32
%高で取引を終了。アップルやアマゾン・ドットコムなどハイテク株が堅調で、ナスダック総合は終値とし
て過去最高値を更新した。
    
    日経平均は前営業日比142円14銭高の2万3022円76銭で反発スタートし、一時254円81
円高の2万3135円43銭で高値を付けたが、その後は53円73銭高まで徐々に上げ幅を縮小させた。
市場では「寄り付き後、ファイザーとバイオンテックのコロナワクチンが10月申請に向けて順調との報道
が好感され買い上がったが、実際にはワクチンの普及には時間がかかることなど、冷静さを取り戻し、利益
確定売りが出たようだ」(三井住友DSアセットマネジメントのシニアストラテジスト、市川雅浩氏)との
声が出ていた。「為替のドル/円が再び円高基調となっていることも重荷となっている」(同)という。
    TOPIXは0.32%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は8376億9500万円と低調
。東証33業種では、精密機器、その他製品、空運業などの28業種が値上がり。石油・石炭製品、海運業
、電気・ガス業などの5業種は値下がりした。
    
    個別では、任天堂        が反発し2.14%高で午前の取引を終了。年初来高値を更新し、約12年
ぶりに5万4000円台を乗せた。市場では「コロナ禍でも成長が見込めるとして相場をリードしてきた銘
柄の多くが調整局面となる中で、動きの良さから資金を引き付けている」(国内証券)との声が出ていた。
    
    東証1部の騰落数は、値上がりが銘柄1261、値下がりが734銘柄、変わらずが159銘柄だった
。
    
    
    <10:09> 日経平均はしっかり、米株先物の堅調推移など支え
    
    日経平均はしっかり、2万3060円付近で推移している。一時2万3135円43銭まで上値を伸ば
したが、その後はポジション調整や利益確定の売りに押され、やや上げ幅を縮小した。
    2万3000円台では上値の重さが意識されるものの、米株先物の堅調推移が安心材料になっていると
いう。市場からは「きょうは2万3000円をキープできるかがポイント。ここからそれほど下げなければ
、買い戻しも入りやすい」(国内証券)との声が聞かれた。
    
  
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は反発、米国株高の流れ引き継ぐ 
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比142円14銭高の2万3022円76銭とな
り、反発スタート。その後、200円超に上げ幅を拡大している。
    オーバーナイトの米国株主要3指数が上昇した流れを引き継ぎ、幅広い業種で買いが先行した。週末前
ということもあり、高値ではポジション調整や利益確定の売りも出そうだという。
    
    
    <08:46> 寄り前の板状況、ファーストリテは売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        が買い優勢。キヤノ
ン        、ソニー        、パナソニック        は売り買いが拮抗している。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買い拮抗。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        が売り買い拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up