for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はしっかり、300円高 過熱感強まる

    [東京 25日 ロイター] - 
    <10:30> 日経平均はしっかり、300円高 過熱感強まる
        
    日経平均はしっかり。前営業日比320円ほど高い2万3300円台前半での推移と
なっている。ドル/円は105円台での円高傾向が続いていたが、一時106.05円ま
で上昇、現在は106円を挟んで上下している。
    
    市場では「新型コロナの治療薬やワクチンを巡るニュースに加え、ドル/円が106
円台を付けたことが好感され、(株価は)しっかりとしている。ただ、2万3000円台
は利益確定売りが出やすい水準。やや過熱感もあり、ここからはさらに上がるのは難しい
のではないか」(運用会社)との声が出ていた。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は続伸、米国株高を好感
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比257円23銭高の2万3242
円74銭となり、続伸した。その後は2万3200円台半ばでのもみあいとなっている。
オーバーナイトの米国株式市場は主要3指数がそろって上昇、S&P総合500種指数<.
SPX>とナスダック総合指数       は終値で最高値を更新したことが支えとなっている。
    
    東証33業種ではその他製品以外の32業種が値上がり。空運業、銀行業、鉄鋼、不
動産業などが値上がり率上位となっている。
        
    
    <08:40> 寄り前の板状況、ファーストリテは買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、ホンダ        、キヤノン        が買い
優勢、トヨタ自動車        、ソニー        、パナソニック        が売り買い拮抗。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は買い優勢、ファナック<6954.
T>は売り買い拮抗。

    メガバンクでは、三井住友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシャル
グループ        が買い優勢、三菱UFJフィナンシャル・グループ        が売り買い
拮抗となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up