for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、直近上昇相場のリード役銘柄が総じて軟調

    [東京 28日 ロイター] - 
    <11:05> 日経平均は小動き、直近上昇相場のリード役銘柄が総じて軟調
    
    日経平均は小動き。2万3300円前後で推移している。任天堂        、ソフトバ
ンクグループ        、ソニー        など直近で上昇していたリード役銘柄が総じて軟
調となっているほか、マザーズなど新興株もさえない動きとなっており「日経平均は堅調
ながら、相場全体は調整色を感じさせている」(国内証券)という。
    
    
    <10:15> 日経平均はもみあい、安倍首相の会見控え様子見ムード
    
    日経平均はもみあい、2万3200円台半ばでの推移となっている。一時マイナス圏
に転落し、前営業日比21円13銭安の2万3187円73銭と安値をつけた。
    
    市場では「上値が重く動きづらい。きょうの午後5時に予定されている安倍首相の記
者会見の内容を見極めたい投資家が多いのだろう」(国内証券)との声が出ていた。

    
    
    <09:15> 日経平均は反発スタート、FRBの新戦略を好感

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比23円44銭高の2万3232円
30銭となり、反発してスタートした。その後もプラス圏での推移となっており、現在2
万3200円台後半。27日に米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が示した金融
政策の新たな戦略が好感されている。
    
    オーバーナイトの米国株式市場はダウ工業株30種      が160ドル値上がりした
ほか、S&P総合500種指数      も小幅上昇、ナスダック総合指数       は軟調。
FRBが新たな戦略として平均インフレ目標を導入したことを受け、米国債利回りが上昇
した。
    
    東証33業種では保険業、銀行業、不動産業、証券業などの30業種が値上がり、情
報・通信業、小売業などの3業種は値下がりとなっている。金利動向に敏感な金融株が買
われている。
    
    
    <08:40> 寄り前の板状況、ソニーが売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、パナソニック        が買い優勢、ソニー
        が売り優勢、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        が売り
買い拮抗。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買
い拮抗。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        が買い優勢、三井住
友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        が売り買い
拮抗となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up