for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、鉄鋼・輸送用機器などは値上がり

    [東京 4日 ロイター] - 
    <10:58> 日経平均はマイナス圏、鉄鋼・輸送用機器などは値上がり
    
    日経平均はマイナス圏、2万3200円台前半で推移している。東証33業種では、
鉄鋼、輸送用機器、ゴム製品、銀行など景気敏感系の割安業種が値上がりする半面、電気
機器、情報・通信などハイテク系が安い。
    輸送用機器は朝方からしっかり。トヨタ自動車        が3日発表した8月の中国で
の新車販売台数が前年同期比27.2%増、ホンダ        が同19.7%増と堅調だっ
たことなどが好感されている。
    
    
    <09:55> 日経平均は安値もみあい、売り一巡後は下げ渋りの展開
    
    日経平均は安値もみあい。朝方は、米国株式市場の大幅下落を嫌気し広範囲で売られ
たものの、その後は下げ渋りの展開となっている。市場では「米株下げも経済情勢の悪化
というわけではなく、高値警戒感からくる利益確定売りが中心だったようだ。一方、ドル
/円は落ち着き、これが下支え要因となり、2万3000円を割り込む雰囲気ではない」
(国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <09:05> 日経平均は大幅安でスタート、米株下落嫌気し幅広く売られる

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比335円21銭安の2万3130
円32銭となり、大幅安でスタート。前日の米国株式市場の下落を嫌気し、幅広く売られ
ている。人気を集めていたマザーズ市場の直近IPO銘柄も売り気配で始まった。
    
    ただ、売り一巡後は下げ渋っている。下値の目安として2万3000円が意識されて
いるようだ。

    
    <08:40> 寄り前の板状況、任天堂や直近IPOが売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        が
売り優勢となる一方、ホンダ        は小幅の買い優勢。指数寄与度の大きいファースト
リテイリング        も売り優勢となっている。また、このところ人気化していた任天堂
        のほか、ティアンドエス        、ニューラルポケット        、インターファ
クトリー        などマザーズ市場の直近IPOが大幅な売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up