for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏でもみあい、自民党総裁選待ちか

    [東京 14日 ロイター] - 
    <10:05> 日経平均は高値圏でもみあい、自民党総裁選待ちか
    
    日経平均は2万3500円台前半で推移している。朝方の買いが一巡した後は伸び悩
み、高値圏でもみあいとなっている。
    個別では、ソフトバンクグループ        が大幅続伸し、日経平均を1銘柄で約11
2円押し上げる要因となっている。14日、傘下の英半導体設計企業アーム・ホールディ
ングスの全株式を売却すると発表したことが材料視されている。
    きょうは午後2時から自民党総裁選が行われる。市場では菅義偉官房長官の当選が織
り込まれているものの、当選後の株価上昇を期待する形で大引けに向けて強含む可能性が
あるとの声も聞かれた。
    
    <09:09> 寄り付きの日経平均は続伸、ソフトバンクGが買い気配
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比24円67銭高の2万3431円
16銭となり、小幅に続伸した。その後、時間外取引で米国株先物が堅調に推移している
ことなどが支えとなり、一時100円超に上げ幅を拡大している。
    きょうは自民党総裁選の投開票が行われるが、菅義偉官房長官が優位の状況は変わら
ず、波乱なく通過するとみられている。2万3500円より上の水準は上値が重いとみら
れているものの、指数寄与度の高いソフトバンクグループ        が上昇すればしっかり
上抜けしていく可能性もある。
    
    
    
    <08:39> 寄り前の板状況、ソフトバンクGは買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        が売り買い拮抗、パナソニック        は買い優勢と
なっている。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        、ソフト
バンクグループ        は買い優勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        が買い優勢。三井住
友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い
拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up