for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、トランプ氏退院予定の報道で楽観論

    [東京 5日 ロイター] -   <10:13> 日経平均は堅調、トランプ氏退院予定の報道で楽
観論
    
    日経平均は堅調、2万3300円台前半で推移している。2日は、トランプ米大統領の新型コロナ感染
したとの報道を受けて下落したが、「一部の報道で5日にも退院の予定だと伝えられ、市場には楽観論が広
まっている」(国内証券)という。ただ、トランプ大統領の状況には引き続き注視が必要で、米国では追加
の経済対策を巡る動向にも注目が集まっていることなどから、日経平均は膠着感の強い状態が続くとの見方
も出ている。
    
    個別では、1日からGoToキャンペーンに東京が対象となったことで、旅行関連に改善の兆しがみら
れるとの観測から、ANAホールディングス        や日本航空        の株価が上昇している。
          
    <09:12> 寄り付きの日経平均は反発、米国株先物上昇などにらみ
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比224円38銭高の2万3254円28銭とな
り、反発した。その後も300円超に上げ幅を拡大している。時間外取引の米国株先物が上昇したことなど
が好感されている。鉱業、海運業、鉄鋼、保険業、不動産業など幅広い業種で値上がり。その他製品は値下
がりしている。  
    
    前週末はトランプ米大統領のコロナ感染のニュースを受けて不確実性が高まったが、その後、大統領は
入院先の病院から車で出て支持者に手を振ったとも伝わっており、足元で同氏の容体についての懸念はやや
薄まっている。
    
    
    <08:58> 寄り前の板状況、トヨタやファナックなど買い優勢

    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        が買い優勢。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り買い拮抗。ファナック        は買い優勢
。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        は買い優勢、三井住友フィナンシャル
グループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up