for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、材料欠き様子見機運高まる

    [東京 7日 ロイター] -   
    <11:09> 日経平均は小幅安、材料欠き様子見機運高まる
    
    日経平均は小幅安でもみあっている。2万3300円台後半で推移。朝方は米国の追
加経済対策の協議が遠のいたことで、軟調なスタートとなった。その後は売りが一服し、
下落幅は縮小。市場からは「香港の株式市場がプラス圏で始まったことを受け、日経平均
も下落幅が小さくなったのではないか」(国内証券)との声が聞かれる。
    材料に乏しいことから後場は様子見機運が高まり、小動きが続く展開となることが予
想される。 
    
    <10:00> 日経平均は安値もみあい、マザーズ指数が連日の年初来高値
    
    日経平均は安値圏でもみあっている。2万3300円台前半で推移。売り一巡後は下
げ渋っているものの、商いが細っており、模様眺めムードが強い。そうした中で小型株物
色が活発化しており、マザーズ指数は連日の年初来高値更新となった。
    
    市場では「これから決算発表をピークを迎える小売業の中にはコロナ禍においても業
績好調なものが目立っており、全体が見送らる中で好決算を発表した銘柄に関心が集まり
そうだ」(国内証券)との声が聞かれる。
      
    
    <09:05> 日経平均は反落、米株下落を嫌気し広範囲に売り

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比161円28銭安の2万3272
円45銭となり、反落してスタート。前日の米国株式市場が、追加経済対策の先延びする
見込みとなったことで下落。それを嫌気して日本株も輸出関連株を中心に広範囲に売られ
ている。
    
    
    <08:45> 寄り前の板状況、トヨタなど主力株は売り買い交錯
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        などの主力株は売り買いが交錯している。一方、ソフ
トバンクグループ        が売り優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング<998
3.T>、ファナック        も売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up