for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、利益確定売り強まる

    [東京 12日 ロイター] - 
     <11:22> 日経平均は上げ幅縮小、利益確定売り強まる
    
    日経平均は2万5500円台での一進一退の値動きが継続していたが、その後上げ幅
を縮小。現在前営業日比100円ほど高い2万5400円台半ばでの推移となっている。
    
    市場では「買いが一巡し、利益確定売りが強まっている。短期急騰で警戒感が生じて
いたことを踏まえると、普通の流れ。後場はマイナス転換する可能性もあるのではないか
」(国内証券)との声が出ていた。

    
    <10:05> 日経平均は高値もみあい、下落銘柄多数 値がさ株が相場けん引
    
    日経平均は高値圏でもみあい。2万5500円台で推移している。午前10時15分
現在、東証1部の騰落数は値上がりが740銘柄、値下がりが1331銘柄と、下落して
いる銘柄の方が多い。市場関係者によると「指数寄与度が大きい値がさ株がリードして相
場形成している状況。直近で2000円以上も上昇していることを踏まえると、いつマイ
ナスに転じても不思議ではない」(野村証券・エクイティ・マーケットストラテジストの
澤田麻希氏)という。
    
    
    <09:10> 日経平均は続伸、高寄りした後も上値を追う展開に

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比89円75銭高の2万5439円
35銭となり、続伸してスタート。前日の米国株式市場でナスダックが上昇したことを好
感し、幅広く買われて高寄りした後も上値を追っている。日経平均は立ち会い時間中の年
初来高値を連日更新した。

    
    <08:50> 寄り前の板状況、ソフトバンクGが買い優勢に
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        、
ホンダ        、キヤノン        、東京エレクトロン        など主力株が買い優勢。
米ナスダック高を受けてソフトバンクグループ        も買い優勢となっている。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        も買い優
勢。三菱UFJフィナンシャル・グループ        は売り買い交錯、三井住友フィナンシ
ャルグループ        は買い優勢だが、みずほフィナンシャルグループ        は売り優
勢と銀行株は高安まちまちとなっている。    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up