for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏でもみあい、FOMC控え様子見ムード

    [東京 15日 ロイター] - 
     <11:23> 日経平均はマイナス圏でもみあい、FOMC控え様子見ムード
    
    日経平均はマイナス圏でもみあい。前営業日比80円ほど安い2万6600円台半ば
での推移となっている。米連邦準備理事会(FRB)はきょうから2日間の日程で米連邦
公開市場委員会(FOMC)を開催する。市場では「世界的な感染拡大に加え、FOMC
という重要イベントを控えており、積極的に動きづらい」(国内証券)との声が出ていた
。
    
    
    <10:05> 日経平均は小幅安、「出遅れ銘柄」群には買いも
    
    日経平均は小幅安、前営業日比15円ほど安い2万6700円台前半で推移している
。寄り付き後にはやや下げ幅が拡大する場面もあったが、その後は下げ渋った。市場から
は「重工系の銘柄など、一部回復が出遅れていた銘柄に買いが入っている。今後は、出遅
れ銘柄群の物色が活発になる一方、先行して上昇していた銘柄では調整が入る可能性が高
い」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    川崎重工業        は2%高で続伸。三菱重工業        は昨日の大幅続伸の反動で
0.1%安となっているが、下落幅は小幅にとどまっている。
    
    
    <09:04> 寄り付きの日経平均は反落、米株安で 旅行関連が軟調
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比49円33銭安の2万6683円
11銭となり、反落した。前日の米国株市場がさえない展開となった流れを引き継ぎ、幅
広い業種で売りが先行している。業種別では、空運業、鉄鋼、海運業、陸運業などが値下
がり率上位に入っている。
    GoToトラベル事業の全国一斉停止を嫌気して、旅行関連や鉄道関連も軟調に推移
している。
    
    
    <08:21> 寄り前の板状況、ほぼ全面的に売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        、
ホンダ        、キヤノン        、東京エレクトロン        は売り買い拮抗、ソフト
バンクグループ        は売り優勢。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買
い拮抗。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗。  
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up