for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は反落後に引き戻す、円高警戒の中で個別物色の動き

 12月18日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比31円14銭安の2万6775円53銭となり、反落して始まった後は引き戻している。写真は東京証券取引所、2018年10月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 18日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比31円14銭安の2万6775円53銭となり、反落して始まった後は引き戻している。市場関係者によると、円高への警戒感や、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中で、投資家の買い意欲の強さが感じられ、個別物色の動きが活発化しているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up