for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、指数の動き鈍い中で循環物色が継続

    [東京 18日 ロイター] - 
    <10:05> 日経平均は一進一退、指数の動き鈍い中で循環物色が継続
    
    日経平均は前日終値近辺で一進一退。指数の動きが鈍い中で、循環物色の動きが継続している。全体的
には週末とあって見送りムードも強く、方向性は感じられない。
    
    注目されている日銀政策決定会合については「株式市場への影響は限定的になるのではないか」(野村
証券・エクイティ・マーケットストラテジストの澤田麻希氏)との指摘があった。
    
    
    <09:05> 日経平均は反落後に引き戻す、円高警戒の中で個別物色の動き

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比31円14銭安の2万6775円53銭となり、反
落して始まった後は引き戻している。市場関係者によると、円高への警戒感や、新型コロナウイルスの感染
拡大が懸念される中で、投資家の買い意欲の強さが感じられ、個別物色の動きが活発化しているという。

    
    <08:45> 寄り前の板状況、ソニーとトヨタ自動車は売り優勢に
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、前日人気化したトヨタ自動車        、ソニー        は売
り優勢。一方、ホンダ        、キヤノン        、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ<9
984.T>など他の主力株は買い優勢となっている。
    
    指数寄与度の大きい銘柄では、ファーストリテイリング        が買い優勢となる一方、ファナック<6
954.T>が売り優勢となっている。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up