for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、手掛かり材料なく膠着感強まる

    [東京 24日 ロイター] - 
    <10:55> 日経平均は一進一退、手掛かり材料なくこう着感強まる
    
    日経平均は一進一退。引き続き2万6600円台で小動きとなっている。新型コロナ
ウイルス感染拡大が懸念される中で「手掛かり材料がなく、売り買いともに仕掛けが難し
い状況だ。直近IPOなど個人の小型株物色が目立つが、全体としては膠着感が強くなっ
ている」(国内証券)という。
    
    
    <09:55> 日経平均は高値もみあい、底堅さ継続するが方向性乏しい
    
    日経平均は高値もみあい。2万6600円台半ばでの動き。とくに目新しい材料がな
い中で、個別物色が活発化しており、底堅い状態が継続している。ただ「前日に東証1部
の売買代金が2兆円を割るなど商いが細っており、相場全体の方向性が乏しい」(国内証
券)という。
    
    
    <09:05> 日経平均は続伸、目先的な調整一巡感から幅広く物色

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比110円32銭高の2万6635
円11銭となり、続伸してスタート。手掛かり材料に乏しいものの、目先的な調整に一巡
感が台頭しており、幅広く物色されている。時間外取引で米株先物が堅調に推移している
ことも追い風となった。高寄りした後も上値を追い、前日比200円を超す上昇となって
いる。
    
    
    <08:50> 寄り前の板状況、主力銘柄が総じて買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        、
ホンダ        、キヤノン        、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ
        など主力銘柄が総じて買い優勢となっている。指数寄与度の大きいファーストリ
テイリング        、ファナック        も買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up