for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏で小動き、米追加経済対策への期待で一時100円超高

    [東京 28日 ロイター] - 
    <10:23> 日経平均はプラス圏で小動き、米追加経済対策への期待で一時10
0円超高
    
    日経平均は一時前営業日比107円63銭高の2万6772円23銭で高値を付けた
後は、プラス圏での小動きとなっている。トランプ米大統領は朝方、米追加経済対策を巡
り「朗報がある」などと自身のツイッターに投稿。その後も、同氏が法案に署名したこと
を関係者が明かしたなどと報じられ、米追加経済対策成立への期待が高まっている。
    
    市場では「トランプ氏の投稿はある程度材料視されているとは思うが、米連邦議会上
院選の2議席を巡る決選投票が年明け1月5日に行われるまでは、方向性のない相場とな
るのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    市場の関心は、来年1月5日にジョージア州で実施される米連邦議会上院2議席の決
選投票に向かっているという。次期政権与党となる民主党が2議席とも確保すれば、民主
党が実質、上下両院を支配することになるため、注目が集まっている。
    
    
    <09:05> 寄り付きの日経平均は反発、薄商いのなかもみあい
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比34円68銭高の2万6691円
29銭となり、反発した。その後は100円ほど高い水準での推移となっている。前週末
の米国株式市場はクリスマス休暇に伴い休場。日経平均は薄商いのなか、もみあいに終始
するとみられている。
    
    東証33業種中、パルプ・紙、精密機器、医薬品などの29業種が値上がり。半面、
海運業、空運業、不動産業などの4業種は値下がりとなっている。
    
    

    <08:40> 寄り前の板状況、ほぼ全面的に売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        、
ホンダ        、キヤノン        、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ
        が売り買い拮抗。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        が売り買
い拮抗。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        が売り買い拮抗となっ
ている。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up