for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期的な高値警戒感でも上値余地あり

    [東京 12日 ロイター] - 
    <16:25> 日経平均・日足は「中陽線」、短期的な高値警戒感でも上値余地あり

    日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」。日経平均は連日の昨年来高値(2万8139円03銭
=8日)を更新した。短期急騰による高値警戒感はあるものの、日経平均の終値(2万8164円34銭=
12日)と25日移動平均線(2万6954円94銭=同)の上方乖離(かいり)率は4.5%にとどまっ
ており、まだ上値余地はありそうだ。

           
    <15:57> 新興株市場は軟調、直近IPOに売り マザーズは75日線がサポート
    
    新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。直近IPOなどを中心
に利益確定売りの動きが見られた。マザーズ指数では75日移動平均線(1224.63ポイント=12日
)を意識した動きが見られ、下値支持線として機能した。
    
    日経ジャスダック平均は8日ぶりに反落し前営業日比0.01%安。個別では、出前館        、ウエ
ストホールディングス        、ハーモニック・ドライブ・システムズ        などが軟調。フェローテッ
クホールディングス        、オービス        、シンバイオ製薬        はしっかり。
    
    マザーズ指数は反落し前営業日比0.61%安。個別では、ENECHANGE        、AI in
side        、フリー        が売られる半面、BASE        、メルカリ        、サンバイオ<4
592.T>は買われた。

    
    <14:49> 日経平均は高値圏でもみあい、電力株が堅調
    
    日経平均は高値圏。現在、前営業日比100円ほど高い2万8200円台前半での推移となっている。
市場では「高値警戒感はあるものの、買い意欲が強い。香港ハンセン指数や上海総合指数をはじめアジア株
がしっかりした動きとなっていることも支えとなっている」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    東証33業種では、電力・ガス業が値上がり率トップ。寒波で電力需給がひっ迫するなかで、東京電力
ホールディングス        、中部電力        、関西電力        などの電力株は軒並み堅調に推移してい
る。

    
    <13:04> 日経平均は終値近辺で一進一退、長期的な先高観が支え
    
    後場の日経平均は前日終値(2万8139円03銭=8日)を挟んだ一進一退の値動きとなっている。
東証33業種では、石油・石炭製品、電気・ガス業、医薬品などの17業種が値上がり。半面、パルプ・紙
、証券業、サービス業などの16業種は値下がりとなっている。

    市場では「日経平均が前週短期急騰したことを踏まえると、高値警戒感が台頭してもおかしくないが、
買い意欲は依然として強い。11日の米国株は下がったとはいえ、今年の前半はまだ強い相場が続くという
長期的な先高観が支えとなっているようだ」(運用会社)との声が聞かれた。

    
    <11:45> 前場の日経平均は続伸、高値警戒の中で売り買い交錯 商い膨らむ
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比47円72銭高の2万8186円75銭となり、続伸。
米国株安や前週末の急な上昇による反動から、下落して始まったが、依然として物色意欲は強い。高値警戒
感が生じている中で売り買いが交錯し、前場段階の東証1部売買代金は1兆5000億円超となるなど商い
が膨らんだ。
    
    11日の米国株式市場は主要株価3指数が下落。前週に最高値を付けたことから利食い売りが出た。決
算シーズンの開始が待たれる中、米議会でのトランプ大統領の弾劾手続きにも注目が集まっている。
    
    これを受けて日本株は寄り付きは反落してスタート。主力株を中心に利益確定売りが先行する展開とな
った。日経平均は一時、前日比で200円を超す下落となり、前週末に2日間という短期間で1000円を
超す上昇に対する反動安の展開になるとみられた。ところが、売り一巡後は押し目買いが流入。前場中盤に
はプラスに転じた。
    
    高値警戒感が強いものの「基調の強さに変化がみられない。当面、日経平均は2万8000円を固める
動きになりそうだ」(国内証券)という。
    
    みずほ証券・シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏は「流れに乗り切れなかった投資家の買いが続い
ている。バイデン氏の就任式までは、こうした強い動きが続くのではないか」とコメントしていた。
    
    TOPIXは0.05%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆5269億9300万円と
膨らんでいる。東証33業種では、石油・石炭製品、医薬品、空運業が上昇した一方、パルプ・紙、証券業
、サービス業などが下落した。

    個別では、東京エレクトロン        が連日の上場来高値更新となったほか、武田薬品工業        、
任天堂        がしっかり。半面、トヨタ自動車        、エムスリー        、住友金属鉱山        な
どがさえない。
    
    東証1部の騰落数は、値上がりが887銘柄、値下がりが1210銘柄、変わらずが85銘柄だった。
    
    
    <10:55> 日経平均はもみあい、高値警戒感から上値追いに慎重
    
    日経平均はもみあい。マイナス圏から一時前週末比で約150円上昇したものの、その後は伸び悩む展
開となっている。「買い意欲が感じられるが、高値警戒感から上値追いに慎重な様子がうかがえる」(国内
証券)という。
    
    
    <09:45> 日経平均はプラスに転換、物色意欲の強さを再確認
    
    日経平均は前週末比プラスに転換、連日のバブル後最高値更新となっている。TOPIXもしっかりと
なり、昨年来高値を更新した。市場では「押せば買いが入ることが示された。物色意欲の強さを再確認した
格好となっている」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    個別では半導体関連株のほか、中外製薬        、武田薬品工業        など薬品株の上昇が目立つ。
    
    
    <09:05> 日経平均は反落、米国株安や急な上昇に対する警戒感で

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比134円66銭安の2万8004円37銭となり、
反落してスタート。前日の米国株式市場が安かったほか、これまでの急な上昇に対する警戒感から、利益確
定売りが先行する形となっている。安寄りした後も下押しし、前週末比で200円を超す下落となった。

    
    <08:50> 寄り前の板状況、主力銘柄は売り買いまちまち
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソフトバンクグループ        が売
り優勢となる一方、ソニー        、ホンダ        、キヤノン        、東京エレクトロン        が買
い優勢となるなど主力銘柄は売り買いまちまち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、フ
ァナック        は売り優勢となっている。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up