for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は大幅高、利益確定売りを消化し上昇に弾み

    [東京 14日 ロイター] - 
    <11:05> 日経平均は大幅高、利益確定売りを消化し上昇に弾み
    
    日経平均は大幅高。2万8800円台に居どころを移してきた。上値では依然として
利益確定売りが出ているものの、これらは新規買いの流入で消化され、上昇に弾みがつい
ている。市場関係者によると「冷静に考えれば明確な買う理由が見当たらず、持たざるリ
スクから実需買いが継続しているようにみえる」(国内証券)という。
    
    
    <10:00> 日経平均は上値追い、値がさ株が全体の上昇をリード
    
    日経平均は上値を追う展開。一時前日比300円を超す上昇となった。ソフトバンク
グループ        、東京エレクトロン        など値さが株が全体の上昇をリードする格
好。市場では「予想を上回る機械受注が好感された。コロナ禍が懸念される中でも統計上
では経済回復が期待され、追い風となっている」(国内証券)という。
    
    
    <09:05> 日経平均は小反落でスタート、すぐにプラスへ転じ連日の新高値に

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比13円86銭安の2万8442円
73銭となり、小反落でスタート。安寄りした後はすぐにプラスへ転じて上値を追い、連
日の昨年来高値更新となっている。

    寄り付き前に内閣府が発表した11月機械受注統計によると、設備投資の先行指標で
ある船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)が前月比1.5%増となった。前月
比6.2%減のロイター事前予測に反して増加したことも注目された。
    
    
    <08:50> 寄り前の板状況、主力株は全体的に売り買い交錯
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、ソニー        、キヤノン        が買い
優勢となっているほか、トヨタ自動車        が売り買いきっ抗。ホンダ        、東京
エレクトロン        が売り優勢となっている。主力株は全体的に売り買いが交錯してい
る状況だ。
    
    一方、ソフトバンクグループ        は買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリ
テイリング        、ファナック        は売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up