for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は200円超安、アジア株や米株先物が軟調

    [東京 26日 ロイター] - 
    <11:09> 日経平均は200円超安、アジア株や米株先物が軟調
    
    日経平均は前営業日比200円ほど安い2万8600円台前半でのもみあいとなって
いる。一時229円91銭安の2万8592円38銭で安値を付けた。香港ハンセン指数
、上海総合指数などのアジア株や、時間外取引の米株先物の軟調な動きにつれて日経平均
はマイナス圏での推移となっている。東京エレクトロン        などのハイテク株は総じ
て堅調な推移となっているものの、景気敏感株は売り優勢となっている。
    
    市場では「ハイテク関連の銘柄は決算を控え期待で底堅い動きとなっているが、ハイ
テク株だけで指数をけん引するのはなかなか難しい。コロナの長期化や米追加経済対策な
どの不透明な外部要因もあるため、上値を追うのはなかなか難しい」(国内証券)との声
が出ていた。    
    

    <09:56> 日経平均は一時200円安、決算材料視した個別物色は広がる
    
    日経平均は軟調、前営業日比150円ほど安い2万8600円台半ばで推移している
。幅広い業種で値下がりしており、一時200円安となる場面もあった。ただ、一部の銘
柄では物色も広がり「決算発表を手掛かりにした個別物色は活発のようだ」(国内証券)
との声が聞かれた。
    昨日に決算発表を行った日本電産        やキヤノン電子        などが堅調に推移
しているほか、半導体関連銘柄もしっかりした値動きとなっている。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は反落、値がさ株軟調が重し
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比125円99銭安の2万8696
円30銭となり、反落した。ファーストリテイリングなど指数寄与度の高い銘柄が軟調に
推移しており、重しとなっている。東証33業種では、ゴム製品、海運業、輸送用機器な
どが値下がり率上位に入っている。一方、医薬品、保険業、水産・農林業などは値上がり
。
    
    
    <08:32> 寄り前の板状況、総じて売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        、
ホンダ        、キヤノン        、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ
        は売り買い拮抗。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買
い拮抗。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗。   
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up