for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、好業績銘柄に対する関心高まる

    [東京 2日 ロイター] - 
    <15:10> 新興株市場はしっかり、好業績銘柄に対する関心高まる
    
    新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続伸した。
市場では「値幅取りの動きのほかに、1部市場と同様、好業績銘柄に対する関心が高まっ
ている」(国内証券)との声が聞かれる。
    日経ジャスダック平均は、前営業日比0.82%高。個別では、ニッポン高度紙工業
        、シンバイオ製薬        などが続騰したほか、ジオマテック        も堅調。
半面、沢田ホールディングス        がストップ安比例配分となったほか、ウエストホー
ルディングス        が軟調だった。
    
    マザーズ指数は、前営業日比1.55%高。個別では、グランディーズ        がス
トップ高となったほか、バルミューダ        、アンジェス        がしっかり。一方、
Kaizen Platform        、イオレ        などがさえない。
    
    
    <14:15> 高値もみあい、上値の戻り売り警戒し一進一退の動きに
    
    日経平均は高値もみあい。2万8300円台前半で推移している。一進一退の動きと
なっていることについて「前週の急落によって取り残された短期筋の戻り売りが控えると
みられ、それを警戒してここからの上値取りに慎重となっているようだ」(国内証券)と
の声が聞かれた。
    
    午後2時15分現在、東証1部の売買代金は1兆8762億1100万円と比較的高
水準。売り買いが交錯していることがうかがえる。
    
    
    <12:50> 日経平均は高値圏、緊急宣言延長の影響は限定的との声も
    
    日経平均は前営業日比230円ほど高い2万8300円台前半と、日中高値圏で推移
している。前場に続き半導体関連株がしっかりした動きとなっているほか、好業績銘柄を
中心に物色が広がっている。
    政府はきょう、緊急事態宣言について栃木県のみ解除し10都府県では延長すること
を正式決定する見通しだが、市場では「(宣言延長は)既に織り込まれていたので、相場
全体への影響は限定的のようだ」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <11:45> 前場の日経平均は続伸、米株高を好感 円安も支援材料に
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は続伸。前営業日比285円15銭高の2万837
6円20銭で午前の取引を終えた。前日の米国株式市場で主要3指数が前週の大幅安から
反発した流れを引き継ぎ、日経平均も朝方から堅調にスタート。一時、マイナス圏に沈む
場面もあったが、その後は騰勢を強め上げ幅が拡大した。円安も支援材料となり、主力株
や半導体関連株を中心に買いが先行した。
    
    TOPIXは0.96%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆2449
億円。東証33業種中、証券業、医薬品、電気・ガス業の3業種以外は値上がり。非鉄金
属、鉄鋼、鉱業、輸送用機器などが値上がり率上位に入った。
   
    市場からは、「投資家の不安心理を示すVIX指数      が低下したほか、円安も支
援材料となりきょうはプラス圏で堅調に推移するのではないか」(野村証券のエクイティ
・マーケット・ストラテジスト、澤田麻希氏)との見方が出ている。
    ただ、日経平均は先週末に大幅下落したことを受け、「目先としては、2万8500
円近辺になると利益確定売りが先行し、上値の重い相場展開が続くとみられる」(国内証
券)との指摘も聞かれた。
    
    個別では、資生堂        が大幅続伸し6%超高で推移。東証1部の値上がり率上位
に入った。1日、2020年12月期連結業績予想を上方修正し、純損益を120億円の
赤字(従来は300億円の赤字)、営業損益を150億円の黒字(同100億円の赤字)
に見直したと発表したことが好感された。
    その他、アドバンテスト        、東京エレクトロン        など半導体関連株がし
っかり。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり1708銘柄に対し、値下がりが銘410柄、変わら
ずが72銘柄だった。
    
    
    <10:47> 日経平均は上げ幅拡大、米株先物堅調 半導体関連株がしっかり
    
    日経平均は上げ幅を拡大、前営業日比210円ほど高い2万8300円近辺で推移し
ている。米株先物が堅調に推移しているほか、ドル/円相場が昨日の場中の水準に比べて
やや円安に振れていることも支援材料となっている。
    市場からは「昨日の米国株市場では、ハイテク株中心のナスダック総合指数の上昇率
が高くなった。これを受けて、きょうは半導体関連株を中心に堅調な動きとなっている」
(国内証券)との声が聞かれた。個別では、東京エレクトロン        、アドバンテスト
        、TDK        などがしっかり。
    
    
    <09:58> 日経平均は小幅高水準でもみあい、米株先物はさえない動き
    
    日経平均は小幅高水準でもみあい。前営業日比30円ほど高い2万8100円台前半
での推移となっている。時間外取引での米株先物がさえない動きとなっていることが重し
となり、一時マイナス圏に転落した。
    
    市場では「VIX指数      は低下し、個人投資家と空売りファンドの対立を巡る混
乱は落ち着いてきてはいるが、警戒感は完全に払しょくされたわけではない。企業決算以
外での材料は特に見当たらないこともあり、上値の重い展開となっている」(国内証券)
との声が出ていた。
    
    
    <09:05> 寄り付きの日経平均は続伸、米株高を好感

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比116円43銭高の2万8207
円48銭となり、続伸した。オーバーナイトの米国株式市場で主要3指数が前週の大幅安
から反発した流れを引き継いだ。主力株やハイテク株を中心に押し目買いが優勢となって
いる。
    
    
    <08:33> 寄り前の板状況、トヨタなど主力銘柄に買い優勢が目立つ
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        、
東京エレクトロン        は買い優勢、ホンダ        、キヤノン        、ソフトバン
クグループ        は売り買い拮抗。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り買い拮抗、ファナック<6
954.T>は買い優勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        は売り買い拮抗、みずほフィナンシャルグループ        は買い
優勢となっている。 
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up