for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、2万9500円前後で一進一退

    [東京 9日 ロイター] -    
    <11:05> 日経平均は高値もみあい、2万9500円前後で一進一退
    
    日経平均は高値もみあい。2万9500円前後で一進一退となっている。引き続き好
決算銘柄を中心に物色されているが「グロースとバリューで区分けすると、バリューが優
勢な状況。循環物色で全体が底上げされている格好となっている」(国内証券)という。
    
    
    <10:06> 日経平均は120円超高、押し目買い意欲が下支え ソフトバンクG
は5%超高
    
    日経平均は一時マイナス圏に転落する場面がみられたが、その後持ち直し一時前営業
日比197円高となった。現在は前営業日比120円ほど高い2万9500円台前半での
小動きとなっている。個別では、前日に好決算を発表したソフトバンクグループ        
が5%超高となり、日経平均を約110円押し上げる格好となっている。
    
    市場では「米国での新型コロナウイルスの新規感染者数の減少に伴い、コロナが終息
し経済活動が再開する日を先取りしているようだ。高値警戒感はあるものの、押し目買い
意欲も非常に強い。今後ネガティブな材料が出た場合、日経平均は2万9000円台で下
げ止まれるかがポイント」(国内証券)との声が出ていた。
    
    東証33業種では、空運業、証券業、鉱業などの 19業種が値上がり。半面、その
他製品、その他金融、食料品などの11業種は値下がりとなっている。
    
    <09:05> 寄り付きの日経平均は3日続伸、日経・TOPIXともに連日の高
値更新
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比47円11銭高の2万9435円
61銭となり、3日続伸した。TOPIXも3日続伸となり、日経平均・TOPIXとも
に連日のバブル崩壊後高値更新となっている。
    
    オーバーナイトの米国株式市場では主要3指数が続伸し、終値で最高値を更新。日本
株も強い地合いを引き継ぐ展開となっている。

    
    <08:40> 寄り前の板状況、ソフトバンクGは買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、ソフトバンクグループ        が買い優勢
、ホンダ        、トヨタ自動車        、ソニー        、キヤノン        、東京エ
レクトロン        は売り買い拮抗。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        のほか、
メガバンクの三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグ
ループ        、みずほフィナンシャルグループ        も売り買い拮抗となっている。
    
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up