for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、350円高 短期的上昇による警戒感

    [東京 15日 ロイター] - 
    <11:20> 日経平均はもみあい、350円高 短期的上昇による警戒感
    
    日経平均は3万円を30年半ぶりに回復した後は伸び悩み、現在前営業日比350円
ほど高い2万9800円台半ばでのもみあいとなっている。東証33業種では鉱業、石油
・石炭製品、精密機器などの24業種が値上がり。空運業、繊維業、ゴム製品などの9業
種は値下がりとなっている。
    
    市場では「3万円を回復した後は上値が重い。景気は製造業を中心に回復へ向かって
いるため、株価が強いのはうなずけるが、水準としては高すぎる。実体経済からはかけ離
れており、説明がつかない」(運用会社)との声が出ていた。
    
    
    <10:10> 日経平均は3万円回復後伸び悩み、踏み上げに一巡感も
    
    日経平均は3万円を30年半ぶりに回復した後は伸び悩んでいる。急な上昇に対する
警戒感のほか、目標達成感が台頭。徐々に値を消す展開となった。
    
    市場では「日経平均3万円を前にして、仕組債に絡んだ先物の買いが活発化したので
はないか。あらかた午前中で踏み上げは一巡し、午後は伸び悩む可能性もある」(国内証
券)との声が出ていた。
    
    
    <09:08> 寄り付きの日経平均は反発、TOPIXと共にバブル後高値更新
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比142円34銭高の2万9662
円41円となり、反発した。前週末の米国株市場でナスダック総合とS&P総合500種
が終値ベースで最高値を更新した流れを引き継ぎ、日経平均は堅調なスタートとなった。
寄り付き後には上げ幅を拡大し2万9875円04銭の高値を付け1990年8月以来の
高水準となり、バブル後高値を更新。TOPIXも堅調に推移し、一時1948.40ポ
イントと1991年6月以来の水準を付け、バブル後高値を更新した。
    
    東証33業種では、電気・ガス業以外の32業種が値上がり。鉱業、石油・石炭製品
、銀行業、証券業などが値上がり率上位に入っている。
    
    
    <08:23> 寄り前の板状況、ファーストリテやファナックが買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        は売り買い拮抗、ソ
ニー        、ホンダ        、キヤノン        、東京エレクトロン        、ソフト
バンクグループ        は買い優勢。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        も買い優
勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗。   
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up