for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPOや時価総額大きい銘柄で売り先行

    [東京 8日 ロイター] - 
    <15:27> 新興株市場はまちまち、直近IPOや時価総額大きい銘柄で売り先行
    
    新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均はほぼ横ばい、東証マザーズ指数は4日続落した。米長
期金利の動向を巡り市場には警戒感が広がる中、マザーズ市場では直近IPO銘柄や時価総額の大きい銘柄
で利益確定売りが広がった。
    
    日経ジャスダック平均は0.09%高。個別では、エコミック         が一時ストップ高となったほ
か、シンバイオ製薬        もしっかり。一方、リバーエレテック        、室町ケミカル        、アピ
リッツ        などはさえない。
    
    マザーズ指数は1.72%安。個別では、イグニス        がストップ高比例配分となったほか、アン
ジェス        、ウェルスナビ        などが堅調。半面、フリー        、BASE        、プレイド
        などが安い。
    
    
    <14:27> 日経平均は軟調、米長期金利の動向に警戒続く 
    
    日経平均は前営業日比160円ほど安い2万8700円台近辺で軟調に推移している。前場はしっかり
した値動きが続いていたが、後場に入ってからはさえない展開となっている。市場からは「特段、新規材料
はないが、米長期金利の動向を巡って不安定な相場環境が続く中、(日経平均は)上昇すると利益確定売り
も出やすい状況だ」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    東証1部の騰落数では、値上がり銘柄が約4割、値下がり銘柄が約5割と、相場全体が総崩れしている
状況ではない。ただ、指数寄与度の高い半導体関連株などが弱く、相場全体の重しとなっている。
    
    
    <13:04> 日経平均はマイナス転化、米株先物やアジア株軟調が重し
    
    後場に入り、日経平均はマイナス転化。前営業日比140円ほど安い2万8700円台前半で推移して
いる。アジア株や米株先物が軟調に推移し、相場の重しとなっている。市場からは「鉱業や鉄鋼、石油・石
炭製品など素材やエネルギー関連は堅調な一方、半導体関連やハイテク株の売りが相場を押し下げている。
また、新型コロナウイルスの新規感染者数が世界的に減少傾向にある中、サービス消費の盛り上がりを市場
が織り込み始め、巣ごもり関連銘柄では利益確定売りが先行しているようだ」(国内証券)との声が聞かれ
た。
    
    
    <11:40> 前場の日経平均は反発、米株上昇と円安好感 後半伸び悩む
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比61円71銭高の2万8926円03銭となり、反発し
た。前週末の米株上昇や円安を好感して買い先行で始まったものの、時間外取引で米株先物が軟化するにつ
れ、前場後半から全体は伸び悩んだ。

    5日の米国株式市場は荒い値動きの中、大幅に反発した。ナスダック総合       は約1.5%高。主
要3指数はともに序盤の下落から切り返して上昇した。米労働省が5日発表した2月の雇用統計は、非農業
部門雇用者数が前月比37万9000人増と、市場予想の18万2000人増を上回る伸びとなった。
    
    一方、外為市場ではドル/円が108円台と円安基調にあり、米株高とともに好感される材料となって
いる。日本株は朝方から景気敏感株を中心に幅広く物色された。ただ、買い一巡後に伸び悩み、日経平均は
徐々に値を消す展開に。「時間外取引で米株先物が軟化したことが気にされている」(国内証券)という。

    市場では「週末にメジャーSQ(特別清算指数)算出を控えている一方、来週のFOMC(連邦公開市
場委員会)に関心が集まっている。米長期金利の動向に一喜一憂する状況が続くのではないか」(野村証券
・投資情報部投資情報二課課長代理の神谷和男氏)との声も聞かれた。   
    TOPIXは0.46%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆4660億2900万円だ
った。東証33業種では、鉱業、鉄鋼、石油・石炭製品などが上昇し、値下がりはその他製品など6業種に
とどまっている。

    個別では、トヨタ自動車        など主力輸出関連株に堅調な銘柄が目立つほか、日本製鉄        な
ど景気敏感株がしっかり。半面、指数寄与度が大きいファーストリテイリング        が朝高の後は売られ
た。

    東証1部の騰落数は、値上がりが1341銘柄、値下がりが736銘柄、変わらずが117銘柄だった
。
    
    
    <11:03> 日経平均は高値もみあい、景気敏感株が底堅い動き
    
    日経平均は高値もみあい。引き続き景気敏感株や出遅れ銘柄が底堅い動きとなっている。市場では「急
な下げに対する警戒感もあって引き戻した格好だが、その主導は前週から買われていた景気敏感株であり、
直近の波乱局面で金融相場から業績相場に移行したと感じさせる」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <10:08> 日経平均はもみあい、290円高 米株先物しっかり
    
    日経平均は前営業日比290円ほど高い2万9100円台半ばでのもみあいとなっている。時間外取引
での米株先物の底堅い動きが支えとなっている。
    
    市場では「当面は米長期金利の動きに一喜一憂する展開が続くだろう。目新しい材料はなく、市場の目
線は来週のFOMC(米連邦公開市場委員会)と日銀政策決定会合に向いている。方向感に欠けるなか、個
別の材料で動く相場展開となるのではないか」(国内証券)との声が出ていた。
    

    <09:05> 寄り付きの日経平均は反発、米株高と円安を好感 ファストリ2%超高
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比343円87銭高の2万9208円19銭と反発し
た。前週末の米国株式市場の堅調な動きと為替の円安を好感した。
    
    東証33業種では、ゴム製品、その他製品以外の31業種が値上がり。鉱業、鉄鋼、石油・石炭製品、
保険業、輸送用機器などが値上がり率上位となっている。個別ではファーストリテイリング        、東京
エレクトロン        、ファナック        などの値がさ株がしっかり。3銘柄で日経平均を約150円押
し上げている。
    
    
    <08:45> 寄り前の板状況、主力株は総じて買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        、ホンダ        、
キヤノン        、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ        は買い優勢。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は買い優勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗となっている。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up