for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

前場の日経平均は4日続落、米株安や期末前の利益確定が重し

 3月24日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比530円06銭安の2万8465円86銭となり、4日続落した。都内で2020年3月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 24日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比530円06銭安の2万8465円86銭となり、4日続落した。前日の米株安が嫌気されたほか、期末前の利益確定売りが膨らみ、日経平均は一時550円超安となる場面もあった。

ここのところ上昇していた景気敏感株でも利益確定が優勢となり、TOPIXは2%超安となった。

市場からは、欧州での新型コロナ感染再拡大や米長期金利を巡る不透明感が高まる中、買い材料が乏しく「期末前ということもあり、いったん利益を確定する動きが広がっているようだ」(国内証券)との見方が出ている。

東証33業種では、値下がり率上位に空運業、海運業、鉱業などが並び、ここ最近堅調に推移していたセクターでも利益確定が進んでいる。「景気敏感セクターでも売りが優勢となっているが、積極的には買いづらい状況で、相場の下げを加速させているようだ」(東洋証券のストラテジスト・大塚竜太氏)との声が聞かれた。

テクニカル面では、下値めどとして75日移動平均線(2万8395円69銭=24日現在)の水準が意識されており、「2万8300円よりも高い水準で引けるかどうか注目したい」(国内運用会社)との指摘も聞かれた。

TOPIXは2.21%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆6058億円。東証33業種では、全業種で値下がりとなった。

個別では、ニコンが7%高となり、東証1部の値上がり率第2位に入った。米半導体大手インテルが高性能半導体の生産能力拡大に向けた新たな経営戦略を発表したことが好感された。同社は最大200億ドルを投じてアリゾナ州に2工場を新設し、半導体の受託生産も手掛けるという。

本日マザーズ市場に新規上場したSharing Innovationsは、公開価格を63.15%上回る4650円で初値を形成した後、4990円まで上値を伸ばしている。

東証1部の騰落数は、値上がり114銘柄に対し、値下がりが2049銘柄、変わらずが28銘柄だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up