for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、値上がり銘柄8割超 権利付最終日前に好地合い

    [東京 25日 ロイター] - 
    <12:46> 日経平均は堅調、値上がり銘柄8割超 権利付最終日前に好地合い
    
    後場に入り、日経平均は堅調。前営業日比220円ほど高い2万8600円台前半で
推移している。東証1部の騰落数では値上がり銘柄数が8割を超え、しっかりした地合い
が続いている。前場に続き半導体関連株は軟調だが、値がさ株では買い戻しの動きも見ら
れている。
    市場からは「来週29日の権利付最終日を控え、しっかりした地合となっている」(
国内証券)との声が聞かれた。また、足元は米長期金利の動きや新型コロナ変異株の感染
が相場のネガティブ材料になりやすい状況だが、目先は「4月に入れば決算発表が本格化
するシーズンになるので、企業業績や来期のガイダンスに投資家の注目ポイントが絞られ
るだろう」(別の国内証券)との見方もある。
    
    
    <11:44> 前場の日経平均は反発、大幅続落の反動 景気敏感株が堅調
    
    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比303円75銭高の2万8709
円27銭となり、反発した。前日の米国株は下落したものの、日本株は短期間で大幅に下
げた反動から自律反発の色合いが強くなり、景気敏感株を中心に押し目買いが入った。ま
た、前日に日銀が通常のETF(上場投資信託)を前回の購入額から200億円多い70
1億円買い入れたことも支援材料になっているとの見方が出ていた。
    
    TOPIXは1.33%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆3526
億円だった。東証33業種中、その他製品、情報・通信業以外の31業種は値上がり。鉱
業、非鉄金属、鉄鋼、ゴム製品などが値上がり率上位に入った。
    
    市場からは、今週に入って下落が目立ったセクターがしっかり反発しているとの声が
聞かれ、「米長期金利の動向が落ち着きつつあり、買い安心感につながっているのではな
いか」(東海東京調査センターのシニアエクイティマーケットアナリスト・仙石誠氏)と
いう。
    
    また、24日の東京株式市場で、日銀が通常のETFを701億円買い入れ、前回の
購入(22日、501億円)から増額されたことも支援材料となっている。マーケットの
動向次第では日銀が積極的にETFを買い入れるとの見方から、「投資家にとっても追い
風になっているようだ」(仙石氏)との指摘が聞かれた。
    
    個別では、調整一巡後の押し目買いが入り、キーエンス        が3.6%高となっ
た。日本郵船        、商船三井        、川崎汽船        など海運株が堅調。直近の
急な下げによる突っ込み警戒感から買い直す動きが出ているほか、「スエズ運河で起きた
座礁事故の影響によって、市況が上昇するとの思惑が生じている」(国内証券)という。
    
    上場2日目のシキノハイテック        は公開価格の3.13倍の1221円で初値
を形成した後1344円まで上値を伸ばし、1316円で午前の取引を終えた。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり1828銘柄に対し、値下がりが310銘柄、変わら
ずが54銘柄だった。
     
    
    <10:58> 日経平均は底堅い、自律反発の色合い 景気敏感株では押し目買い
    
    日経平均は底堅い、前営業日比110円ほど高い2万8500円台前半で推移してい
る。一時上げ幅が急速に縮小する場面もあったが、その後は切り返した。昨日下げが目立
った景気敏感株では買い戻しの動きがみられる一方、昨日堅調だった半導体関連株は軟調
。
    
    市場からは「きょうは3月19日から大幅続落した後の、自律反発の色合いが濃い。
目先としては、3月4日終値の2万8743円を今週中に戻せるかが意識される。また、
昨日の安値(2万8379円06銭)を下回ってしまうと、来週、再来週にかけて2万7
000円台の下値を探る可能性もあり、注視したい」(国内証券)との声が聞かれた。

    
    
    <10:05> 日経平均は強もちあい、バイデン米大統領の記者会見に注目の声も
    
    日経平均は強もちあい。午前10時05分現在、東証1部の値上がり銘柄数は170
0を超え、幅広く物色されているが、買い一巡後は伸び悩んでいる。戻り売りに対する警
戒感が強い一方、きょう25日に予定されているバイデン米大統領の記者会見の内容を見
極めたいとのムードもあり、相場全般は自律反発の域を出ていない。
    
    市場では「バイデン大統領が記者会見でインフラ整備など経済対策や、増税の方向性
をどう示すかなど、その結果が市場にどのような影響を及ぼすか注目されそうだ」(野村
証券・投資情報部投資情報二課課長代理の神谷和男氏)との声が聞かれた。
    
    
    <09:05> 日経平均は堅調、大幅下落の反動で自律反発 高寄り後も上値追う

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比51円81銭高の2万8457円
33銭となり、堅調なスタート。前日の米国株式市場は下落したものの、日本株は短期間
で大幅に下げたことで、その反動から自律反発となっている。主力銘柄に切り返すものが
目立ち、TOPIXも反発して始まった。高寄り後も上値を追っている。
    

    <08:50> 寄り前の板状況、主力の輸出関連株に買い優勢目立つ
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        、
キヤノン        、東京エレクトロン        など主力の輸出関連株に買い優勢の銘柄が
目立つ。三菱UFJフィナンシャル・グループ        など銀行株も買い優勢。一方、ホ
ンダ        が売り優勢のほか、指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、
ソフトバンクグループ        、ファナック        なども売り優勢となっている。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up