for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏で一進一退、実質的にはプラス

    [東京 30日 ロイター] - <11:15> 日経平均はマイナス圏で一進一退
、実質的にはプラス
    
    日経平均は一進一退。前営業日比50円ほど安い2万9300円台半ばでの推移とな
っている。きょうは配当権利落ち日で、配当落ちは180円程度と推計されており、市場
では「配当落ち分を踏まえるとしっかり」(国内証券)との声が出ている。

    東証33業種では空運業、海運業以外の31業種が値下がり。保険業、パルプ・紙、
銀行業、卸売業などが値下がり上位となっている。
    
    <10:06> 日経平均は一進一退、前日比ほぼ横ばい 金融株の下落目立つ 
    
    日経平均は一進一退。前営業日比ほぼ横ばいの2万9300円台後半で推移している
。東証33業種では、空運業、海運業以外の31業種で値下がりとなり、保険業、パルプ
・紙、銀行業などが値下がり率上位に入っている。
    
    米ヘッジファンドのアーケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る問題に市場関係者
は注目しているが、「今のところ相場全体への影響は限定的とみている。ただ、昨日の米
国株市場と同様、日本株市場でも金融セクターが安い。この材料を消化するのに1日はか
かりそうで、金融株は上値の重い展開が続きそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <09:11> 寄り付きの日経平均は堅調、配当落ち分を埋め一時前日比プラスに
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比19円48銭安の2万9365円
04銭となった。きょうは配当権利落ち日で、市場筋によると配当落ちは180円程度と
推計されており、実質プラスでのスタートとなった。寄り付き後に一時、前営業日比プラ
スとなり、配当落ち分を埋める強い相場環境となっている。
    
    東証33業種では、空運業、海運業、鉱業などが値上がり。一方、保険業や銀行業は
値下がりしている。
    
    
    <08:34> 寄り前の板状況、ファーストリテは買い優勢 銀行株は売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、東京エレクトロン        は売り買い拮抗、ソニー        、ソフト
バンクグループ        は買い優勢。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は買い優勢、ファナック<6954.
T>は売り買い拮抗。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り優勢。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up