for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:安値圏で一進一退、方向感を欠き模様眺めムードに

    [東京 8日 ロイター] - 
    <11:00> 安値圏で一進一退、方向感を欠き模様眺めムードに
    
    日経平均は安値圏で一進一退となっている。下値では押し目買いが入るものの、上値
は重くなっており、方向感を欠く状況。全体的に模様眺めムードが強い。市場では「きっ
かけは、これから始まる日米の決算発表。前日の米株も小動きだったが、業績好調が再確
認されるまで投資家は動けない様子だ」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    
    <10:00> 日経平均は安値もみあい、値下がり銘柄1900超も大きく崩れず
    
    日経平均は安値もみあい。午前10時現在、東証1部の騰落数は値上がりが228銘
柄、値下がりが1925銘柄と下落銘柄が圧倒しているものの、特定の銘柄・業種がリー
ドして下がる様子ではなく、全体は大きく崩れる雰囲気にはなっていない。
    
    市場では「直近に3万円回復の原動力となった半導体関連などがさえないが、物色動
向をみると、幅広く薄く売られている状況で方向性は感じられない。全般的に見送り気分
を強くなっている」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <09:05> 日経平均は反落、東京都への「まんぼう」適用も株価の重しに

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比54円91銭安の2万9675円
88銭となり、反落してスタート。安寄りした後もさらに下押す展開となっている。「東
京都にもまん延防止等の重点措置が適用されそうなことも株価の重しとなりそうだ」(東
洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏)という。
    
    産経新聞は8日、政府が東京都に新型コロナウイルス特別措置法に基づく「まん延防
止等重点措置」を適用する方針を固めたと伝えた。沖縄、京都など感染が拡大している他
の府県への適用も検討しているという
    

    <08:50> 寄り前の板状況、主力銘柄に売り優勢が目立つ
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        は小幅の買い超過と
なっているが、ソニーグループ        、ホンダ        、キヤノン        、東京エレ
クトロン        、ソフトバンクグループ        など主力銘柄に売り優勢が目立つ。一
方、指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は買い優勢となっている。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up