for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、国内感染者拡大が上値を抑える要因に

    [東京 16日 ロイター] - 
    <09:45> 日経平均は伸び悩み、国内感染者拡大が上値を抑える要因に
    
    日経平均は伸び悩んでいる。米国株式市場が堅調、米10年債利回りが低下したことで地合いが好転し
たものの「変異種によって新型コロナウイルスの国内感染者数が拡大していることが、上値を抑える要因に
なっているようだ。経済正常化が遅れるとの懸念から、その影響を受けやすいバリュー株が買いにくくなっ
ている」(国内証券)という。
    
    
    <09:05> 日経平均は続伸、米株上昇と10年債利回り低下受け幅広く物色

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比146円39銭高の2万9789円08銭となり、
続伸してスタート。前日の米国株式の上昇、10年債利回りの低下を受けて、幅広く物色された。個別では
東京エレクトロン        など半導体関連株が買われている。

    
    <08:45> 寄り前の板状況、主力銘柄は総じて買い優勢に
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニーグループ         、ホンダ<
7267.T>、キヤノン        、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ        など主力銘柄は
総じて買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        も買い優勢と
なっている。一方、三菱UFJフィナンシャル・グループ        は売り優勢となっている。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up