for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏でもみあい、決算前の調整一巡との見方

    [東京 22日 ロイター] - 
    <13:20> 日経平均は高値圏でもみあい、決算前の調整一巡との見方
    
    日経平均は2万9000円―2万9100円の高値圏での推移となっている。東京や
大阪などで緊急事態宣言発令の方向となり、「悪材料が出そろってきた」(国内証券)と
されるほか、きょうから始まる国内企業の決算シーズンを前に、事前のポジション調整が
ある程度一巡したとの見方も聞かれる。
    SBI証券の鈴木英之投資調査部長は、これまでのところ自律反発の域を出ないとみ
ながら、「足元の売りをこなせば、もう少し上もありそうだ」と話している。 
       
    
    <11:45> 前場の日経平均は大幅反発、米株上昇を受け買い戻し活発化
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比591円38銭高の2万9099円9
3銭となり、大幅に反発した。前日の米国株式市場の上昇を受け、急反発してスタート。
主力銘柄を中心に幅広く買い戻しの動きが広がった。
         
    前日の米国株式市場では、ダウ工業株30種      とS&P総合500種指数      
、ナスダック総合       の主要3指数がそろって上昇。ドル/円は108円を挟んだ動
きで、VIX指数(恐怖指数)も心理的節目の20を下回る17台だった。前日に日銀が
ETF買いに動いたことも「買い安心感につながった」(国内証券)とされ、押し目買い
が活発化した。
    きょうの引け後に日本電産        などの決算発表が予定されており、決算シーズン
が本格化する。みずほ証券の倉持靖彦マーケットストラテジストは、企業決算で今期業績
予想は5割程度の増益が見込まれるとし「昨日までの下落で株価収益率(PER)が下が
っているだけに、上値余地はありそうだ」と話している。
          
    TOPIXは1.81%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆1140
億9100万円だった。東証33業種では石油・石炭製品を除く32業種が上昇した。海
運、鉄鋼、精密機器、電気機器の上昇が目立った。
    
    個別では、前日の米国株式市場でフィラデルフィア半導体指数      が反転したこと
を受けて東京エレクトロン        、信越化学工業        をはじめ半導体関連株が堅調
。バルチック海運指数       が大幅上昇したことなどを手掛かりに日本郵船        、
商船三井        、川崎汽船        など海運株がしっかりだった。
    
    一方、オンラインゲームの開発・運営を手掛けるコロプラ        は大幅に3日続落
し年初来安値を更新した。ゲーム特許権侵害の訴訟で、任天堂がコロプラに対する損害賠
償請求額の引き上げを申し立てたことが嫌気された。    
    
    東証1部の騰落数は、値上がりが1991銘柄、値下がりが148銘柄、変わらずが
47銘柄と、ほぼ全面高の商状だった。
    
    <11:05> 日経平均は堅調を持続、騰落数で値上がり銘柄数が86%
    
    日経平均は堅調を持続。2万9000円台を回復した後も、値を消す気配が感じられ
ない。午前11時現在、東証1部の騰落数で値上がり銘柄数が全体の中で86%を占めて
いる。「値ごろ感から押し目買いが活発化している。ただ、決算発表を見極めたいとのム
ードもあり、そうした意味で引け後に発表される日本電産        のガイダンスが注目さ
れそうだ」(国内証券)という。
    
    また「前日に日銀がETFを購入したが、前場段階でTOPIXが2%超下落してお
り、新たな購入基準が示唆される格好となった。これも投資家の安心感を誘っている」(
雨宮総研代表の雨宮京子氏)との指摘もあった。
    
    
    <10:38> 日経平均は高値圏でもみあい、一時2万9000円回復
    
    日経平均は高値圏でもみあい。急反発して寄り付いた後もじりじりと上昇し、一時2
万9000円を回復した。「昨日までの2日間で1000円超の下落は下げすぎ」(国内
証券)として買いが継続している。
    
    きょうは堅調な推移が見込まれる一方、国内での新型コロナウイルスの感染拡大の動
きや本決算への警戒感は根強く「上値を抑制する要因になりやすい」(国内証券)との声
も聞かれた。
    
    
    <09:55> 日経平均は強もちあい、高寄り後も堅調地合いを持続
    
    日経平均は強もちあい。2万8900円前後で推移している。米株高を受けて幅広く
物色され、高寄りした後も値を消す動きとはならず、堅調な地合いを持続。「買い戻しが
中心とみられ、まだ自律反発の域を出ていないが、買い一巡後に失速しない動きは注目で
きる」(国内証券)という。
    
    市場では「過剰流動性が下支えしている状態に変化はみられない。2万9100円台
にある75日移動平均線を回復できるかどうかが当面のポイントになる」(野村証券・投
資情報部投資情報二課課長代理の神谷和男氏)との声も聞かれた。
    
    
    <09:05> 日経平均は急反発、米株上昇受け主力銘柄中心に幅広く物色

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比372円23銭高の2万9880
円78銭となり、急反発してスタート。前日の米国株式市場の上昇を受け、主力銘柄を中
心に幅広く物色されている。日経平均は一時、前日比400円を超す上昇となった。

    
    <08:45> 寄り前の板状況、主力銘柄が総じて買い優勢に
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニーグループ <
6758.T>、ホンダ        、キヤノン        、東京エレクトロン        、ソフトバン
クグループ        、三菱UFJフィナンシャル・グループ        など主力銘柄が総じ
て買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        
なども買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up