for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩む、戻り売り圧力を警戒

    [東京 12日 ロイター] -    
    <10:40> 日経平均は伸び悩む、戻り売り圧力を警戒
    
    日経平均は伸び悩んでいる。2万8000円台を固める動きとなっているが、戻り売
り圧力が強いことも警戒されている。時間外取引で米株先物が小幅安となっていることも
気にされていた。
    
    一方、市場では「米国のインフラ投資法案が上院で可決したことを受け、一段と景気
敏感株に対する関心が高まりそうだ」(国内証券)との声も聞かれ、関連銘柄を物色する
動きが活発化している。
    
    
    <09:55> 強もちあい、海運や機械など景気敏感株がにぎわう
    
    日経平均は強もちあい。前日までの好地合いを引き継ぎ、相場全体は戻りのトレンド
を鮮明にしている。市場では「景気回復を織り込む格好で米国株の強い基調が持続してい
るが、それに沿うような形で日本株も好決算銘柄中心に買われている」(国内証券)との
声が聞かれた。
    
    年初来高値を更新した日本郵船        、業績予想の上方修正を発表したSMC<627
3.T>が買われるなど、海運業、機械といった景気敏感株がにぎわっている。
    
    
    <09:05> 日経平均は続伸して始まる、米株上昇好感し幅広く物色

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比106円69銭高の2万8177
円20銭となり、続伸して始まった。前日の米国株式市場が上昇したことを好感し、幅広
く物色されている。そうした中、東京エレクトロン        が売り気配で始まるなど半導
体関連株がさえない。

    
    <08:45> 寄り前の板状況、主力銘柄に買い優勢が目立つ
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニーグループ<6
758.T>、ホンダ        、キヤノン        、三菱UFJフィナンシャル・グループ<830
6.T>、ソフトバンクグループ        主力銘柄に買い優勢となるものが目立つ。
    
    一方、東京エレクトロン        、レーザーテック        などの半導体関連株が売
り優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は買
い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up