for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:上値追い、日経平均は年初来高値を更新 31年ぶり水準に

    [東京 14日 ロイター] - 
    <10:50> 上値追い、日経平均は年初来高値を更新 31年ぶり水準に
    
    相場全体は上値追いとなっている。日経平均は2月16日の取引時間中に付けた年初
来高値3万0714円52銭を更新、31年ぶりの高値水準に到達した。上昇ピッチが速
いために、調整に入るとの警戒感があるものの「主力銘柄でPER(株価収益率)が10
倍に満たないものが多く、チャート上の節目を突破したと言っても、割安修正の動きに変
わりがない。その点からさらに上値が期待できる」(国内証券)との声も聞かれた。
    
    
    <10:10> 日経平均はじり高、3万0600円台 日本株は出遅れを挽回
    
    日経平均はじりじりと上値を伸ばし、現在前営業日比150円ほど高い3万0600
円台前半での推移となっている。市場関係者によると、欧米株の調整色が強まる中、日本
株は出遅れを挽回しており「米国株と日本株の配分割合を調整するリバランスような動き
も海外投資家を中心に起きているようだ」(国内証券)という。
    
    午前10時現在での東証1部の売買代金は9756億4300万円。個別ではKDD
I         、エムスリー         、ファナック         などがしっかり。コナミホー
ルディングス         、アドバンテスト         などは軟調な値動きとなっている。
    
    
    <09:10> 日経平均は続伸スタート、好地合いが継続 TOPIXは連日の年
初来高値

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比137円40銭高の3万0584
円77銭となり、3日続伸でのスタートとなった。13日の米国株式市場はまちまちとな
ったが、東京株式市場は前日の好地合いを引き継ぐ格好となった。TOPIXは連日の年
初来高値更新となっている。
    
    東証33業種では、その他製品、電気・ガス業、医薬品の3業種を除く30業種が値
上がり。保険業、石油・石炭製品、鉱業、証券業などが値上がり率上位となっている。景
気敏感株が総じて強い展開となっている。
    
    
    <08:42> 寄り前の板状況、東京エレクやソフトバンクGなど買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、ホンダ        、東京エレクトロン<8035.
T>、ソフトバンクグループ        が買い優勢、トヨタ自動車        、ソニーグループ
        、キヤノン        は売り買い拮抗。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は買い優
勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        が売り買い拮抗となっ
ている。
        
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up