for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均高値もみあい、米国版メジャーSQ前に手仕舞い売りの思惑も

    [東京 17日 ロイター] - 
    <10:18> 日経平均高値もみあい、米国版メジャーSQ前に手仕舞い売りの思
惑も
    
    日経平均はプラス圏でもみあっている。8月後半から急ピッチで上昇してきた海運株
や半導体関連の一角は、急騰の反動で前日に下落したがきょうは反発しており、市場では
「下がれば押し目買いが入る」(国内証券)と先高観の強さを指摘する声が出ていた。
    一方、米国版メジャーSQ(特別清算指数)を控える中、週末でもあり、後場にかけ
て手仕舞い売りを見込む声もある。
    東証33業種では、上昇率上位は海運業、倉庫・運輸関連業、保険業など。一方、下
落率上位は鉄鋼、非鉄金属、鉱業などとなっている。
    
     
    <09:05> 日経平均は反発スタート、先高観が支援 主力株に買い
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比64円20銭高の3万0387円
54銭となり、反発して始まった。その後も上げ幅を拡大している。新型コロナウイルス
禍からの経済正常化や国内政治の変化への期待を背景にした先高観が支援している。
    トヨタ自動車        やソニーグループ        といった主力株は上昇。東京エレク
トロン        など半導体関連株も総じて買いが先行している。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        やソフトバンクグループ<9984.
T>もプラスとなっている。
    
    <08:45> 寄り前の板状況、トヨタは買い優勢 ソフトバンクG売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
ソニーグループ        が買い優勢、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ
        は売り優勢となっている。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り買い拮抗、ファナック<6
954.T>は買い優勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        が買い優勢、みずほフィナンシャルグループ        が売り買い
拮抗となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up