for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、一目・雲の上限を上抜ける

    [東京 4日 ロイター] - <16:30> 日経平均・日足は「小陰線」、一目
・雲の上限を上抜ける
    
    日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陰線」となった。日足は一目均
衡表の雲の上限(2万9485円11銭=4日)から上放れる形となった。25日移動平
均線(2万8749円01銭=同)はやや上向きに傾斜しており、短期的な上昇トレンド
への転換が意識される。
    
    
    
    <16:00> 新興市場は3日続伸、好決算を期待した買いが先行
    
    新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに3日続伸した。市
場では「好決算が期待される銘柄が物色されているようだ。新興市場の場合、多少数字が
悪くても、将来性が確認できれば買われやすい」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    マザーズ総合は、前営業日比0.43%高。個別では、グローバルウェイ         
、メルカリ        、デジタリフト        、ENECHANGE        などしっかり
。半面、FRONTEO        、シャノン        、アスタリスク        は売られた
。
    
    日経ジャスダック平均は前営業日比0.32%高。個別では、東洋合成工業        
、東映アニメーション        、フルヤ金属        などしっかり。ウエストホールディ
ングス        、出前館        、CAICA DIGITAL        は売られた。
    
    
    <14:35> 日経平均は2万9700円台でもみあい、後場の値幅は約67円
    
    日経平均は前営業日比200円ほど高い2万9700円台半ばでもみあっている。全
体的に値動きに乏しく、後場の日経平均の値幅は67円にとどまっている。
    
    市場では「企業決算を材料視した個別物色が中心。中小型株にも海外投資家をはじめ
とする買いが先行しており、指数全体に与える影響は限定的となっている」(国内証券)
との声が聞かれた。
    
    午後2時30分現在の東証1部の売買代金は2兆7347億6100万円。東証33
業種では、海運業、鉱業、その他製品などの6業種を除く27業種が値上がり。繊維業、
電気機器、機械などが値上がり率上位となっている。個別ではキーエンス        が6%
超高で日経平均を約15円押し上げる格好となっている。
    
    
    <12:58> 日経平均は上げ幅縮小、海運株が一転し下落率トップに
    
    日経平均は、後場に入って前引け時点より上げ幅を縮小している。東証の33業種で
は前引け時点で海運株が上昇率トップだったが、足元では一転、下落率のトップとなって
いる。昼休み時間中に決算を発表した日本郵船        や川崎汽船        のほか、商船
三井        も売られている。
    日本郵船は通期見通しの上方修正を発表し、市場予想を大きく上回ったが、同時に発
表した配当予想の上方修正が「業績の上振れに対して十分でない」(国内証券)との見方
が出ている。川崎汽船も業績予想を上方修正したほか、期末配当の復配見通しも示したが
、中間配当は無配とした。
    
    
    <11:45> 前場の日経平均は反発、米株高を好感 FOMCは無難に通過
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比271円57銭高の2万9792円4
7銭となり、反発した。米連邦公開市場委員会(FOMC)を無難に通過し、米株高とな
ったことを背景に朝方に高く始まった。ただ、買い一巡後は、トヨタ自動車        の決
算を前に様子見が強まり、上値追いに慎重となった。
    3日の米国株式市場は主要株価3指数が上昇し、最高値を更新した。米連邦準備理事
会(FRB)が開催したFOMCで予想通り、テーパリング(量的緩和の縮小)を月内に
開始すると決定した。S&P総合500種      とナスダック総合       は5営業日連
続、ダウ工業株30種      は4営業日連続で、終値での最高値を更新した。
    東京市場で日経平均は、上昇して始まった。市場では、衆院選とFOMC、企業決算
が様子見の口実とされてきたが、このうち衆院選とFOMCを無難に通過し、目先の不透
明感が和らいだ。米フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が上昇する中、東京エレ
クトロン        などの半導体関連株や電子部品株が堅調となり、指数の押し上げに寄与
した。
    もっとも、日経平均は朝方の上昇後、利益確定売りに押されて徐々に上げ幅を縮めた
。午後にトヨタ自動車の決算を控え、上値追いに慎重になった。
    今週で主要企業の決算は山場を越える。市場では「企業業績は、トータルで上方修正
や増益の企業が多い。日本株は割安感があるため、米国株に徐々にキャッチアップしてい
く動きになっていくのではないか」(しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用
本部長)との見方が出ていた。
    TOPIXは0.87%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆7287
億3500万円だった。東証33業種では27業種が上昇し、上昇率上位には海運業、繊
維業、電気機器などが並んだ。下落したのは鉱業やその他製品、水産・農林業など6業種
だった。
    個別では、決算を手掛かりにした物色もみられた。日本製鉄         が通期の連結
事業利益の上方修正を発表して買われた。一方、通期最終利益予想の下方修正を発表した
コニカミノルタ        は売られた。ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の生産が計画を
下回ると一部で報じられた任天堂        も安かった。
    東証1部の騰落数は、値上がりが1480銘柄、値下がりが615銘柄、変わらずが
87銘柄だった。
    
    
    <10:54> 日経平均は徐々に上げ幅を縮小、トヨタ決算を控え様子見も
    
    日経平均は朝方の上昇が一服し、徐々に上げ幅を縮小している。「トヨタの決算を控
えており、様子見になりやすい」(国内証券)との声が聞かれる。自動車メーカーは、半
導体や部品の不足による減産の影響に関心が寄せられており、トヨタの決算では「通期見
通しや挽回生産の具体策が焦点」(別の国内証券)とされる。
    足元では、値がさの半導体関連株や電子部品が総じて上昇しており、指数の押し上げ
に寄与している。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        もしっかり。ソフ
トバンクグループ        は小幅にマイナスとなっている。
    東証33業種では27業種が上昇しており、上昇率上位は海運業、繊維業、電気機器
、倉庫・運輸関連業と並んでいる。下落しているのはその他製品、水産・農林業、鉱業な
ど6業種。
    
    
    <10:00> 日経平均は高値もみあい、トヨタ自決算で相場変動との声も
    
    日経平均は高値もみあい。前日の米国株式市場の上昇を好感してしっかりで始まり、
買いが一巡した後も堅調な地合いを維持している。イベント通過で安心感が生じているほ
か、米経済指標に好調なものが目立つことも材料視された。
    
    企業決算の内容に注目が集まっており、取引時間中に発表されるトヨタ自動車<7203.
T>の決算について「その結果によって相場が変動する可能性もある」(国内証券)との声
も聞かれる。
    
    
    <09:05> 日経平均は反発、米株上昇が手掛かり 好決算銘柄中心に物色

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比338円84銭高の2万9859
円74銭となり、反発してスタート。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受けた
米国株式市場が上昇したことを手掛かりに、全体的に買い優勢の展開となっている。
    
    市場では「イベント通過で上ぶたが外れた格好。今後の経済対策に対する期待を織り
込む動きになった」(国内証券)との声も聞かれ、日本製鉄        など休日前に好決算
を発表した銘柄を中心に物色された。
    
    
    <08:50> 寄り前の板状況、主力銘柄や銀行株に買い優勢目立つ
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ        など主力
銘柄に買い優勢が目立つ。三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィ
ナンシャルグループ        など銀行株、指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9
983.T>も買い優勢、ソニーグループ        は売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up