for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、底入れ感から買い戻しが活発化

    [東京 7日 ロイター] - 
    <13:00> 日経平均は上値追い、底入れ感から買い戻しが活発化
    
    日経平均は上値追い。後場に入ってから戻りに弾みを加え、日経平均は500円を超
す上昇となっている。ソフトバンクグループ        が引き続き強調を保っているほか、
主力銘柄も総じてしっかり。値上がり銘柄数は2000を超え、ほぼ全面高商状。
    
    市場では「チャートは目先的に底入れ感が生じた格好。短期筋の買い戻しが活発化し
ている」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <11:50> 前場の日経平均は反発、警戒感和らぎ景気敏感株がしっかり
    
    前場の東京株式市場で日経平均は反発し、前営業日比354円64銭高の2万828
2円01銭で午前の取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」
への過度な警戒感が和らいだことを受け、景気敏感セクターを中心に買い戻しが優勢とな
った。新規の材料が少ないことから、買い一巡後は米株先物やアジア株などの外部環境の
動向を見極めながら上下する展開となった。
    
    週明け6日の米国株式市場は主要3株価指数が反発した。オミクロン株を巡る当局者
の前向きなコメントを好感し、景気に敏感な銘柄や旅行関連株を中心に買いが入った。
    米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は5日、オミクロン株について、さら
なる研究が必要としながらも「現時点で重症化の度合いはそれほど高くないようだ」と述
べた。            
    
    日経平均は反発スタート。一時2万8000円割れとなる場面がみられたが、その後
持ち直し、411円87銭高の2万8339円24銭で高値をつけた。値がさ株の一角が
しっかりとした動きとなったほか、景気敏感のバリュー株やレジャー株を物色する動きも
みられた。
    
    市場では「米株上昇を受け、先物を買い戻すきっかけができた。今週末にメジャーS
Q(特別清算指数)の算出を控える中、9限月から12限月へ乗り換えるロールオーバー
の動きが進んでおり、株価は需給要因で上昇しやすい」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    TOPIXは1.23%高の1971.44ポイントで午前の取引を終了。東証1部
の売買代金は1兆2830億4100万円だった。東証33業種では、水産・農林業を除
く32業種が値上がり。空運業、海運業、陸運業、ガラス・土石製品、情報・通信業、鉱
業などが値上がり率上位となった。
    
    個別では、前日に大幅安となったソフトバンクグループ        が大幅反発し、7.
76%超高の5499円。東証1部の売買代金トップとなり、日経平均を約84円押し上
げた。下げ過ぎとの見方が生じたほか、出資先のアリババ株が米市場で大幅高となったこ
とが材料視された。
    
    そのほか、ファーストリテイリング        、東京エレクトロン        、テルモ<4
543.T>などもしっかり。日本水産        は大幅安となったほか、コナミホールディング
ス        、協和キリン        もさえなかった。
    
    東証1部の騰落数は、値上がりが1969銘柄(90%)、値下がりが162銘柄(
7%)、変わらずが50銘柄(2%)だった。
    

    
    <11:20> 日経平均は一時400円超高、外部環境を見極めながら一進一退
    
    日経平均は上げ幅を拡大し、一時411円87銭高の2万8339円24銭で高値を
つけた。その後は300円ほど高い2万8200円台半ばでの一進一退の値動きとなって
いる。時間外取引での米株先物、香港ハンセン指数      、上海総合指数       などの
アジア株の動きに連動する展開となっている。
    
    市場では「国内の材料が少ない。当面はアジア株や米株などの外部環境を見極めなが
らの動きとなるだろう」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    <10:20> 日経平均はしっかり、値ごろ感から買い先行 ソフトバンクGは7
%超高
    
    日経平均は前営業日比300円超高の2万8200円台半ばでしっかりとした動きと
なっている。一時2万8000円割れとなり34円29銭高の2万7961円66銭でき
ょうの安値をつける場面がみられたが、その後持ち直した。時間外取引での米株先物のし
っかりとした動きを受け、値ごろ感から買い戻しが入っているほか、日経平均の指数寄与
度の高いソフトバンクグループ        の上値追いも下支え要因となっている。
    
    市場では「前日までに下向きとなっていた5日移動平均線が上向きに転じたことによ
り、短期的な上昇トレンドへの転換を示唆している」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    東証33業種では、水産・農林業を除く32業種が値上がり。空運業、海運業、鉄鋼
、ゴム製品、ガラス・土石製品などが値上がり率上位となっており、景気敏感セクターが
総じてしっかり。個別では、ソフトバンクグループが7%超高で日経平均を約83円押し
上げる要因となっている。
    
    
    
    <09:05> 寄り付きの日経平均は反発、米株高の流れ引き継ぐ
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比211円45銭高の2万8138
円82銭となり、反発した。週明け6日の米国株式市場は、新型コロナウイルスの新たな
変異株「オミクロン株」への過度な警戒感が和らぎ、軒並み反発。東京株式市場でも流れ
を引き継ぐ展開となっている。
    
    TOPIXは0.60%超高の1960ポイント近辺。東証33業種では、海運業、
医薬品、精密機器などの4業種が値下がり。空運業、サービス業、鉱業、陸運業などの2
9業種は値上がりしている。個別では、前日大幅安となったソフトバンクグループ <9984
.T>が反発し、3%超高。日経平均を約38円押し上げている。
    
    
    
    <08:45> 寄り前の板状況、ソフトバンクGなど買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、ソニーグループ        、キヤノン<7751.
T>、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ        が買い優勢、トヨタ自動
車        、ホンダ        は売り買い拮抗。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り買い拮抗、ファナック<6
954.T>は買い優勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗となっ
ている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up