for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値が5日線を下回る

    [東京 10日 ロイター] - 
    <15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、終値が5日線を下回る

    日経平均・日足は「小陰線」となった。長めの上ヒゲを伴って下押しただけに、上値
の重さを感じさせるとともに、下値不安感がにわかに強まったことを示してる。とくに、
下値のサポートラインになるとみられた5日移動平均線(2万8481円37銭=10日
現在)を終値で下回ったことが、弱さを表したと言えよう。
    
    今回の下げにより、2万9000円のほか、200日移動平均線(2万8885円6
5銭=同)が戻りの関門になることが意識された格好。一方で、2万7600円台が強い
支持線として意識されており、今回の下げは大きな崩れには繋がらないとみられる。
    
    
    <15:10> 新興株式市場は大幅続落、直近の人気銘柄に売り急ぎ
    
    新興株式市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに大幅続落した。
市場では「週末であることや、IPOラッシュにそなえての換金ニーズもあるようで、直
近の人気銘柄に売り急ぐ動きが目立つ」(国内証券)との声が聞かれる。

    きょうマザース市場に新規上場したフレクト        は公開価格の2.27倍となる
5810円で初値を付けた後も人気化し、ストップ高比例配分で引けた。
    マザーズ総合は前営業日比2.27%安。サイエンスアーツ        が大幅続伸した
後、一転して売り込まれ、一時ストップ安に沈んだほか、メルカリ        やアスタリス
ク        も軟調。半面、FRONTEO        がしっかりだった。
    日経ジャスダック平均は前営業日比0.70%安。シーズメン        が一時ストッ
プ安となったほか、シンバイオ製薬        がさえない。一方、アミタホールディングス
         がストップ高比例配分となった。
    
    
    <14:20> 日経平均は安値もみあい、5日線近辺で下げ渋り
    
    日経平均は安値もみあい。大きく下落する気配はなく、2万8500円近辺に位置す
る5日移動平均線近辺で下げ渋っている。市場では「今晩発表となる米国の消費者物価指
数(CPI)の内容を見極めたいとのムードが強い。週末も意識されており、上値を買い
にいく大口の投資家は不在で、全体的に模様眺めだ」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <13:20> 日経平均はマイナス圏でもみあい、アジア株の下落で上値重い
    
    後場の日経平均は前営業日比150円ほど安い2万8500円台半ばでのもみあいと
なっている。中国恒大集団         の株価下落を受け、アジア株では香港ハンセン株価
指数、上海総合指数がともに軟調。日本株の重しにもなっているという。
    
    市場では「今日1日の動きとしては重しとなっているが、人民銀行の対応などもあり
、マーケット全体では警戒されていない。投資家の関心は今夜発表の米CPIに移ってい
る」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、中国恒大集団とその子会社の恒大地産
集団および天基控股の格付けを「C」から部分的な債務不履行(デフォルト)に相当する
「RD」に引き下げたと明らかにした。            
    
    午後1時15分現在での東証1部の売買代金は1兆7981億6400万円。TOP
IXは0.30%超安の1983ポイント近辺で推移している。
    

    <11:50> 前場の日経平均は続落、米株安を嫌気 米CPI前で手控えも
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比115円63銭安の2万8609円8
4銭となり、続落した。前日の米国株式市場の下落を嫌気した。日経平均はハイテク株を
中心に売りが広がり、下げ幅は一時200円超安となった。週末要因に加え、今晩発表と
なる米国の消費者物価指数(CPI)の内容を見極めたいとして取引を手控える雰囲気も
みられた。
        
    9日の米国株式市場は、前日まで3日続伸となったことから利益確定売りが出て下落
。10日に発表される11月CPIに注目が集まる中、ハイテク株が売られ、ナスダック
総合       は1.71%安となった。
    
    日経平均は米株安の流れを引き継ぎ寄り付きから続落し、その後も下げ幅を拡大して
前営業日比241円84銭安の2万8483円63銭で安値を付けた。売り一巡後は買い
戻しも入り、下げ幅を縮小する展開となった。
    
    個別では、リクルートホールディングス        、エムスリー        、テルモ<454
3.T>、アドバンテスト        が軟調。デンソー        、任天堂        、村田製作所
        、キーエンス         はしっかりだった。
    
    市場では、10月から日経平均の採用銘柄となった任天堂、キーエンスなどが総じて
底堅い値動きとなったことで「国内景気の先行きに不透明感がある中、日経平均を動かす
とされている銘柄に主役交代のような変化がみられる。景気の影響を受けづらいとされて
いる値がさ株はしっかりとしているようだ」(国内証券)との声も聞かれた。
    
    TOPIXは前営業日比0.27%安の1985.47ポイントで午前の取引を終了
。東証1部の売買代金は1兆5574億0400万円となった。東証33業種では、サー
ビス業、精密機器、空運業、ゴム製品などの19業種が値下がり。鉱業、金属製品、その
他製品、保険業などの14業種が値上がりだった。
    
    東証1部の騰落数は、値上がりが674銘柄(30%)、値下がりが1390銘柄(
63%)、変わらずが119銘柄(5%)だった。
    
    
    <10:06> 日経平均はやや下げ拡大、米CPI控えポジション調整も
    
    日経平均はマイナス圏でもみあいとなっている。寄り付き後に下げ幅を縮める場面も
あったが、足元では、やや下げ幅を拡大する動きに転じている。
    指数寄与度の大きいソフトバンクグループ        やファーストリテイリング<9983.
T>、リクルートホールディングス        のマイナスが指数を押し下げているほか、東京
エレクトロン        など半導体製造装置関連も総じて安く、相場の重しとなっている。
    セクター別の動向からは「明確な方向感は出ていない」(国内証券)とみられている
。きょうは市場の関心が高い11月米消費者物価指数(CPI)の発表を控えており「ポ
ジション調整的な動きの側面が強いのではないか」(別の国内証券)との見方が出ていた
。
    東証33業種では、サービス業、精密機器、空運業など26業種が下落している一方
、鉱業、その他製品、金属製品など7業種が上昇している。    
    
    
    <09:04> 日経平均は続落スタート、米株安を嫌気 半導体装置株が安い
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比182円97銭安の2万8542
円50銭となり、続落して始まった。前日の米株安を嫌気する形となっている。
    トヨタ自動車        やソニーグループ        といった主力株は小安い銘柄が目立
つ。東京エレクトロン        など半導体製造装置関連株は総じてマイナス。指数寄与度
の大きいファーストリテイリング        やソフトバンクグループ        もマイナスと
なっている。
    
    
    <08:45> 寄り前の板状況、トヨタは買い優勢・東エレクは売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        は買い優勢、ソニー
グループ        は売り買い拮抗、ホンダ        、東京エレクトロン        、ソフト
バンクグループ        は売り優勢となっている。   
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り優
勢。    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        は買い優勢、三井住
友フィナンシャルグループ        は売り優勢、みずほフィナンシャルグループ        
は売り買い拮抗となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up